« そば処 暁山 の場所は? そしてお客さまに感謝! | トップページ | 庭の石組み »

「蕎麦、そば、ソバ」の楽しき人生

 ネットでソバの本をチックしていたら、「蕎麦、そば、ソバ」の楽しき人生という本を検索いたしました。

「蕎麦、そば、ソバ」の楽しき人生 「蕎麦、そば、ソバ」の楽しき人生

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 本年4月に、出版されたての本です。著者は嘗て築地そばアカデミー学長であった永山寛泰氏である。
 現在は、プロのためのそば教育「永山塾」を主催しております。

 検索していた本の紹介文を読んでいたとき、どこかで一度お目にかかったようだと直感的に思いました。

 「ロマンは蕎麦にあり~スロウエイジング蕎麦~」のブログを私のお気に入りに、入れていたのでした。
 そうだ。あのブログ! 大変勉強になったことを思い出しておりました。

 私のように、ちょっとそばが打てると、有頂天になり、そば屋になってしまった物にとっては、バイブルのような本です。

 そば屋にとって、そばを打てるなどは、当たり前の、またその前のこと。開業して、6年目になりましたが、まだまだ、本格的に修行した方には、足元にも及びません。

 「第一章 そば料理七変化」 「第二章 抜きで一杯、種ものの楽しみ」 「第三章 蕎麦屋のポリシーは薬味に出る」 「第四章 そばを食べよう、打ってみよう」 

 以上のような内容です。

 永山氏の文章は軽快で、読む人を飽きさせない。さらに、その内容は、さすがに、30数年のキャリアである。私など、足元にも及ばないほどの含蓄のある内容になっている。

 そば打ちの本は数々あるが、私のようなそば屋にとって、これほどためになる本は数少ない。

 蕎麦の打ち方と蕎麦屋の料理はこの本、蕎麦屋のトータル的な経営を学びたいのなら「

こだわり蕎麦屋の始め方 こだわり蕎麦屋の始め方

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 」著作は鎌 富志治氏と最近は良い本が出版されている。

 

 

 

|

« そば処 暁山 の場所は? そしてお客さまに感謝! | トップページ | 庭の石組み »

そばの本紹介」カテゴリの記事

コメント

 夢八さん
 本当に、そうですね。
 時代の背景が変わる。人の好みが代わる。
 そば屋も、蕎麦の作り方のほうばかり目を向けていると、置いていかれそうです。
 そんなときは、夢八さんのブログで勉強をしております。

投稿: そばがき | 2009年5月25日 (月) 12時52分

曉山さん、ありがとうございます。

時間が経ると、また、蕎麦屋を見る客の目が
変わり、あっという間に、とどまるものは
おいていかれますね。

考えも、表す物も、進化していきたいです。

もっと、こう書けば、よかった、と
反省の日々です。

投稿: 夢八 | 2009年5月25日 (月) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そば処 暁山 の場所は? そしてお客さまに感謝! | トップページ | 庭の石組み »