« 3日間 草刈 土用の鶯 | トップページ | 関東地方は大雨 洪水警報 »

蕎麦ブログ仲間 遠方より来るあり

 まだ会ったことはなかったのであるが、ブログで数年お付き合いがある京都の辛汁さん(食感 by京都)と奥丹波のそばんちさん(奥丹波 ソバンチ)が、昨日、わざわざ当店を訪ねてくださった。

 蕎麦は人を繋ぐ。といわれているが、「本当なんだーなー。」としみじみ実感した。

 でも、期待してきてくれても、期待を裏切るようなことになりはしないだろうか。
合うことの嬉しさよりも「期待を裏切ってしまったら。」 俗に言う「はずれ!。」になってしまったらどうしよう。

 こんな不安が脳裏をかすめた。

 辛汁さんは、言わずと知れた手厳しい辛口の評価で有名な方である。そばんちさんはお蕎麦屋さんである。
 
 普段でも、お客さまにいかに美味しいそばをお出しするかが、命題なのだが・・・。
 
 蕎麦に拘るお客さんは、よきにつけ悪しきにつけ、打ち手とは緊張間を保ち、お互いをアウフヘーベンするのだ。
 普段にも増して、いい加減なものは出されない。この緊張関係が、美味いそばを生み出す原点になるのだ。

 昨日は、団体さんも居合わせたので、朝早く蕎麦を挽き、打ちに入った。打つそばは普段、店に出している二八蕎麦、まずは1.5キロを打った

 次に、丸抜きを挽いた無篩の十割蕎麦。さらに、玄を挽き24メッシュで篩った九割の蕎麦。ただし、あるものを少量ブレンド。これが、蕎麦の風味を最大限に引き出す。

 「何をブレンドしているか、食べて分かりますか。」と失礼を省みずに、質問する。

 後で反省しきり。

 「ブレンドはわからないが、この蕎麦 迫ってくるね。」と辛汁さんが一言。
 そばんちさんも首をひねる。

 まだ、店には出していないが、私が一番好きなそばは、このブレンドした蕎麦なのだ。
 お二人にはこの謎解きをした。

 さて、普段出している蕎麦の評価はどうだったのであろうか。ぜひ、辛口の評価を聞きたいものである。

|

« 3日間 草刈 土用の鶯 | トップページ | 関東地方は大雨 洪水警報 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

>私もブレンド蕎麦、別名「暁山蕎麦」?
>是非、食べてみたい!
 yukaさんも あのときに食べた蕎麦です。少しブレンドの量がが違いますが。
 新しいそばの可能性を広げそうな予感はしております。
 商品としては、まだ、出さないとろ思いますが、打って待っております。
 また、お越しください。

投稿: そばがき | 2009年8月17日 (月) 08時19分

辛汁さんと、そばんちさんのブログ読ませて頂きました。
実は、とても楽しみにしていたんです。
暁山さんのところで、どんなお蕎麦が出されるのかと…。

思った以上です!
前回、夢八さんが食べた手挽きの蕎麦を、とても羨ましく思っていたのですが、

暁山さん、ずるいですよ~、
私もブレンド蕎麦、別名「暁山蕎麦」?
是非、食べてみたい!

又、伺います。
ぜひ…,打って下さい weep

投稿: yuka | 2009年8月17日 (月) 07時25分

辛汁さん
 >最近は 蕎麦で繋がるのは おじさんばかり
>少しさびしいかな

 そんなことはないと思いますよ。ただ、蕎麦の本質論の話題中心ですと、年代が高くなるのかも分かりません。
 美味しいそば料理に話題が及ぶようになると若い方も乗ってくるかも・・・。

 貴方の一方のブログ
http://soba-ishiusu.cocolog-nifty.com/blog/
を見ますと、そば箸さんのコメントが。
 懐かしいですね。そば箸さんのブログが更新されておりませんので、どうしているかと案じておりましたが。
 お元気なので、よかったー。

 失礼を省みずに、ブログに勝手なことを書かせていただきました。
削除項目があれば、お知らせください。
 

投稿: そばがき | 2009年8月10日 (月) 13時24分

先に ブログに書かれてしまいました。

梅干師匠も 唸っていました。

24メッシュしか篩がないので・・・の言葉も
頭の中を ぐるぐる廻っています。

やはりサプライスな蕎麦が食べたかったので
皆様にも 予約で 食べられる様に 出来ると
良いと思います。
まさに『暁山蕎麦』です

最近は 蕎麦で繋がるのは おじさんばかり
少しさびしいかな(笑)

投稿: 辛汁 | 2009年8月10日 (月) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3日間 草刈 土用の鶯 | トップページ | 関東地方は大雨 洪水警報 »