« 蕎麦の土寄せ作業 | トップページ | 妻と共に眼科へ »

蕎麦の花咲く

 蕎麦を蒔いてから、約一ヶ月が過ぎた。今はそばの花が、まだ満開とはいかないが咲いてきている。Cimg4005

 朝は、虫達がこのそばの花に集まって蜜を吸っている。これが受粉につながる。花にはよくミツバチが集まるが、今年は、黒っぽいシジミ蝶のような虫が一杯集まって蜜を吸っている。ミツバチは花粉を運ぶのが上手いが、この虫で受粉は大丈夫であろうか。(写真は店の後ろのそば畑)

 こんな心配をしながら観察をしていた。

蕎麦の花にばかり気を取られるが、よく見ると、葉はハート型で可愛らしい。発育の過程をよく観察していると、葉は3日に1枚の割合で出てきた。他の食物と比較しても、Cimg4007 このように早く葉が出る食物を私は知らない。

 この若葉はお浸しにするとちょっとほろ苦くて美味しい。(写真は店の横のそば畑)

Cimg4004

 

|

« 蕎麦の土寄せ作業 | トップページ | 妻と共に眼科へ »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

ねこやしきさん おはようございます。
九州のそばは水っぽいのですか。蕎麦の実の含水量が多いのでしょうか。
 それとも打って食べるときに感じるのでしょうか。
 
 初めて聞く話です。

投稿: そばがき | 2009年9月25日 (金) 06時54分

そばがきさん、こんばんは。ソバの葉の記述にとても心を惹かれました。苦味があるのですか。私も食べてみたいなあと思いました。
九州でもソバを作っているところがあるのですが、お蕎麦屋さんの話だと、九州のソバは水っぽくてだめなんだそうです。本州からわざわざ粉を仕入れているとのことでした。
本日大阪へ帰ってきました。大分レポートを少しずつですが画像でやろうと思っていますので、またお立ち寄り下さい。

投稿: ねこやしき | 2009年9月24日 (木) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦の土寄せ作業 | トップページ | 妻と共に眼科へ »