« 妻と共に眼科へ | トップページ | 酢橘(スダチ)をプレゼント »

妻と共に眼科へ 2 更里で遅い夕食

 やっと辿りついた「手打そば 更里」で遅い夕食をとる。Cimg4012

 新潟の冷や酒を頼むとお通しが出る。鰹の塩辛は珍しい。

 メニューを見ていると出し蒔き卵焼きの文字が目に入る。味も甘辛どちらにも調整しますよと言ったくれた。

 このような配慮は有難いものである。

 お酒を燗に切り替えて、出し蒔き卵を突きながら、お酒をいただいた。

 店の中はオープンキッチン。よく整理されていた。Cimg4014

 おそばも噂に違わず香りがあり、とても美味しい。自家製粉ですかときくと「ええ 奥のほうで電動で挽いております。」との答えが返ってきた。

 粗挽きはメニューにありませんね。と訪ねると「そろそろ 水曜日限定でやろうと思っております。」と楽しみな答えが返ってきた。

 今度は粗挽きをいただこうと思い巡らしながらホテルへと向かった

 翌朝、9時半より妻が術後の診察、私も唯、待っているには閑をもてあます。

 乱視がひどくなって心配だったので、Cimg4016_2目の検査をしてもらうことにした。特別な目の病気は見当たりませんと言う。

 まずはひと安心。

 3日後に、妻は目の診察が控えているので、その間は、静岡の家で過ごすことにしたのだが・・・。

 静岡駅に着くや否や携帯が鳴る。水戸の親戚から、不幸の知らせであった。

 静岡に一泊して、朝6時に、あわただしく家を出た。その日の夕方に、お通夜。次の日、告別式に出席。

 昨日、秋葉原アイクリニックへと妻は忙しい日が続いた。 

 

|

« 妻と共に眼科へ | トップページ | 酢橘(スダチ)をプレゼント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妻と共に眼科へ | トップページ | 酢橘(スダチ)をプレゼント »