« 晩酌 | トップページ | ウコッケイの卵入りとろろ蕎麦 »

蕎麦に実がつく 

  蕎麦を蒔いてから、40日がたった。Cimg4030

 小さな虫達のお陰で、先端の花の受粉し受精が進み、実が付くようになって来た。

 蕎麦は、先端の部分から、実が付き始め、遅く出た枝葉の部分の花の受粉は遅くなる。
これが、蕎麦の収穫時を難しくするのだ。

 先端部分のみが入り、黒くなってくるが、枝葉の部分の実はまだ青い。収穫のタイミングが難しい。

 

Cimg4029

 

 早朝、ひとしきり蕎麦の観察をして戻ると、妻がウコッケイに餌をやっていた。

 ウコッケイと言うのは、とても臆病な鶏である。人が近づくと怖がって暴れだしたり、巣の奥のほうに、集まって体を寄せ合うし草をする。

 やっと餌を外でやるようになってから、Cimg4027 恐る恐る外に出て食べるようになった。

 ウコッケイに餌やりは、わが家の朝の日課になっている。

 このウコッケイが卵を産む時期ももう間近いかもしれない。

 唯、ウコッケイは、産む数が少ない。やっと産んだと思うと、直ぐに、卵を孵そうと抱えに入る。

 そういう意味では厄介な鶏である。

 

 

 

|

« 晩酌 | トップページ | ウコッケイの卵入りとろろ蕎麦 »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩酌 | トップページ | ウコッケイの卵入りとろろ蕎麦 »