« 秋 本番間近 | トップページ | 落花生の収穫 »

そば屋さん集まれシンボジウム IN 水戸市

 昨日、14日に
 そば屋さん集まれシンボジウム (そばの産地におけるそば店経営ワンランクアップシンボジウム)というが
水戸市笠原町 茨城県市町村会館講堂で開催されたので出席をした。
Cimg4062

 出席した方々は、そば店経営者とそばを愛好する一般の方々でした。

 午後2時から、「最近のそば事情とこれからのそば店経営」 講師は全国麺類衛生新聞社長 田中信夫氏でしたが、講師の都合上、後に回り、シンボジウムが先になりました。

 テーマは
  常陸秋そばの地の利をそば店経営にどう生かせるか。 というものでした。

 座長は、流通経済大学法学部教授 野尻俊明氏
 シンボリスト は5人でした。

 茨城県農業水産部 吉崎氏は
  常陸秋そばのPRのしかたやけんちんそばと常陸秋そばを同時に消費者に知ってもらうと新しいのぼりの説明がありました。
 
 茨城キリスト教大学 井川氏からは
 そばの栄養学とそばの新しい食べ方の紹介 ルチンには独特の苦味があると言うことと茹でてもルチンはそれほど流れ出さないと言う報告は私にとっては始めて聞くことで興味深かった。

 ぷらら茨城の青山氏はPRは一度でなく、継続的にと云われたが、経費の問題には触れなかった。

 茨城みどり農協 川澄氏は常陸秋そばの振興策について、お話をされた。

 シンボジウムの感想はというと、もう一つぴんと訴えるものがなかった。どのようなそば屋を対称にしているのかも分からなかったのが実感である。

  後回しになった講演は、用事があったので拝聴することなく帰ってきた。

 

 
 

|

« 秋 本番間近 | トップページ | 落花生の収穫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋 本番間近 | トップページ | 落花生の収穫 »