« 静岡から東京 JR高速バスに乗って | トップページ | 横浜中華街に »

日立・常陸太田・高萩の秋を訪ねて

 3日文化の日は営業の予定はなかったのだが、依頼されて、急遽行うことになった。HPで「3日は営業いたします。」をアップしたところ、すぐに、申し込みが続いた。あらためて、最近はネットをよく見ているのだなーと感心してしまった。
 さて、昨日はというと、近くの秋を見ようと、用事とあわせて出かけた。36号線入四間のお岩神社のもみじは
まだ、色づきはじめだ。Cimg4118

 常陸太田市折橋の十字路を、福島県方向右手にハンドルを切ってすぐ近くに、酒造元東魁山がある。
例年今の時期に、山葵漬けを作るために、ここで酒粕を求めている。Cimg4119

 ここの吟醸酒粕で作る山葵漬けは美味い。蔵元の女将さんが対応してくれた。冷凍保存されているので
2キロ分けるのに大変な作業。手が真っ赤になっていた。
Cimg4120

 母屋は、醸造所より少し奥、小高いところにあり、大変門構えの素晴らしい古民家なのだ。母屋の裏は、太古の昔を物語るような原生林が鬱蒼と存在する。この近くを車で通った方は、訪ねてみるとよい。
 運がよければ、母屋も見学できるかもしれないのだ。
 
 東魁山とお別れして、門場を左に折れて、461号線を車で走る。横川鉱泉の道沿いに、下滝の看板が。
Cimg4122
 ここはまだ紅葉はもう少し後らしい。
 
常陸秋そばの幟がちらほらと見え隠れする。この近辺に店があるらしい。
 暫らく走るとそれらしき店が見えた。
 途中で炭焼き小屋があったことを思い出して、車を227号線高萩市上君田に向ける。目指すところに付いたのであるが。
  
どうも、イメージが違うのだ。稲刈りもすんで、ボッチが点々と広がっていた。
Cimg4123

村人の訪ねると「それは下君田でしょう。」との答え。
 やっと辿りついたが・・・。
Cimg4124

 残念、もう3年前から、炭を焼いていないという。今年は店の火鉢に炭は求めるところを
探さなければならない。
 この下君田には松岩寺の前に立派な桜の古木があるのだが、見上げると、大枝が枯れてきている。近くの方に聞くと、もうだめかもしれないといわれた。何とかならないのだろうか。
 Cimg4125


 花貫渓谷に行くには、かなり遠回りしてしまった。
 Cimg4126

 111号線をくだる。紅葉橋を通って、大心苑に、241号線に、再びぶつかるので
これを右に折れて、花貫渓谷に向かった。
 
 
 

|

« 静岡から東京 JR高速バスに乗って | トップページ | 横浜中華街に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡から東京 JR高速バスに乗って | トップページ | 横浜中華街に »