« 横浜中華街に | トップページ | 銀ブラ そして 築地へ »

高萩市 花貫渓谷へ

 111号線をくだる。紅葉橋、大心苑の前を通って、461号線に、再びぶつかるので
これを右に折れて、松原変電所、花貫ダムを通過して花貫渓谷に向かった。
 炭焼き小屋を思い出さなければ、こんな遠回りにはならなかったのだが・・・。
 ちょっとした駐車場があり、紅葉が色づいていたので車を止めた。名馬里ケ淵と看板立っており
ここの名前の由来も書かれていた。
 「木に登る不思議な馬を淵の主だと恐れてこの淵に埋めたところ、毎日雨が降り続き、集落が流されたという伝説」があるという。Cimg4127
Cimg4129


 ここから花貫渓谷は近い。観光協会の駐車場は11月は有料500円なり。
 ここに駐車して、ゆっくりと紅葉を観賞した。

 60メートルの長さの汐見滝橋からの展望は素晴らしい。これからが紅葉は見ごろになる。

 紅葉の情報はこちらから→http://kouyou.yahoo.co.jp/spot/detail/34254.html

 

|

« 横浜中華街に | トップページ | 銀ブラ そして 築地へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜中華街に | トップページ | 銀ブラ そして 築地へ »