« 日立・常陸太田・高萩の秋を訪ねて | トップページ | 高萩市 花貫渓谷へ »

横浜中華街に

 先週のこと。

 築地や横浜中華街を訪ね、久し振りに銀ブラでもしようかと妻と計画。

 と言うことで、東京で一泊する事になった。

 静岡からの高速バスの到着所は東京駅北口である。午後1時近くであったので、昼食をとる事にした。
 東京駅付近には美味しいというそば屋は余り聞かない。妻もいつも蕎麦ばかりではと言うので、ちょっと知られた洋食屋に入った。
 入って見渡すと午後1時を過ぎてはいたが、若い女性たちで満員状態。案内されて座ったが、初めてに店なので落ち着かない。
 出てきた料理は、ちょっと味付けが我々にはきつい。若い方に合うのだろう。

 食事を済ませて、大丸でショッピングを楽しんだ後、横浜中華街に向かった。以前は、TVの紹介番組
「ふかひれコース」をみて、予約して店に入った。これが失敗。期待したほどではなかった。

 今回は入る店を決めずに、長陽門から、中華街大通りをぶらぶら散歩しながら、店を選定した。
 聘珍楼本店で、飲茶コースを食べることにした。Cimg4096

正式な中華のコースではなかったが、食材の安全性、素材そのものの味を重視し、添加物を一切使用しないと
いう飲茶は美味しいの一言。
 値段もリーズナブルで満足した。以前食べたふかひれコースなどより、ずーと良い。

 

 

|

« 日立・常陸太田・高萩の秋を訪ねて | トップページ | 高萩市 花貫渓谷へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日立・常陸太田・高萩の秋を訪ねて | トップページ | 高萩市 花貫渓谷へ »