« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

今年もお客さまに感謝 紅白歌合戦を観ながら

 
 昨年は、年越しそばの営業は、31日のみであったが、今年は、30日、31日の両日の商いとなった。

 ちょっと疲れ気味。

 遅い夕食を妻と二人でとる。妻に感謝しながら、紅白を見ての我が家の年越し蕎麦になった。

 営業を始めたのが、平成15年の12月の暮れ。

 蕎麦が少し打てるということだけで、有頂天になり、そば屋を開業。今考えると、恥ずかしい限りである。

 早いもので、まる6年が過ぎたことになる。

 最近、やっと、美味しい蕎麦を打つコツのようなものを掴みかけている段階である。

 
  おだしした蕎麦が「うまい!」 「まずい!」はお客様が決めるもの。美味い蕎麦を極めることは至難の業である。めげずに、来年も頑張りましょう。

 今年も多くの方にお越しいただきました。
 
 地元の方もさることながら、遠方からのお客様も大勢来てくれました。

 感謝、感謝の一年でした。

 皆々様 来年もよい年でありますようにお祈りを申し上げます。

 なお、年明けの営業開始は1月10日(日) からです。よろしくお願いいたします。

                                         そば処 暁山 

 

| | コメント (2)

年越し蕎麦 buckwheat noodles

  
 英語の不得意な私が
 「年越し蕎麦」を英訳するとどうなるか。こんな疑問を持った。
 
 ちょっとネットで年越しそばを英訳を検索。

 Soba Noodles Eating on New Year's Eve

 というらしい。

 新年の前日に食べる蕎麦と言う意味なのだろう。

 In Japan, there is a custom of eating soba at the very end of the year.

 こちらも、年越し蕎麦の英語での表現。

 新年の前日とは言わずに、年の終わりと表現している。

 さて、外国にもこんな習慣があるのであろうか。しりたいものである。

 

| | コメント (0)

 2日続けてご来店のお客様

 昨日は期待したほどでもなかったが、今日はしこし忙しかった。

 最近は、どちらかと言うと、リピーターの方のほうが多くなったように思う。昨日も今日も今年何度も足を運んでくれたお客さまであった。

遠方からも、当店を忘れないで、早々11月の時点で、ご予約をいただいたお客様もいる。

 
メールを拝見して、分かったのであるが、5月に一度来店してくれた方であった。メールには2日続けてのご予約と書かれており、びっくり。

 内容から察して「蕎麦を気に入ってくれたのだなー。」と有難く思ったものである。
 
 付近の方で、2日続いて、来店した方は今までにもおりましたが、遠方からきていただいた方では始めてであった。
 すぐに、可愛い赤ちゃんの事を思い出していた。まだ、歩くことも出来ない赤ちゃんなので、車とは云いながら、遠方まで足を伸ばして大丈夫なのであろうか。とその時は心配したものである。
 
 その御夫婦が先週の土、日、続けてご来店をいただいたのである。
 赤ちゃんを抱っこしてと思いきや、手を引かれて、よちよちと歩いてくるのが
見えてびっくりしました。
 
 「そうか。赤ちゃんではなかったのだ。子供の成長は早いなー。」と独り言。

 「よくいらっしゃいました!。」とご一家を迎えた。

 そば屋さんで、「子供はご遠慮願います。」との看板があるところもあるが
こんな可愛い子供さんは大歓迎である。

 ご夫婦から当店の感想が寄せられました。

 このようなここ配りに感謝感激である。
 
 

| | コメント (0)

今宵はクリスマス

 Χmasはイエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の祭日だそうである。

 信者でもない私もジングルベルの音を聞いて、若い頃、心躍らせたものである。
 
 最近は、不景気の勢を吹き飛ばそうと、全国のあちこちで数万、数百万球の電飾で彩られた光のイルミネーションが見られる。Dscf0020_2


 日立の駅前新都市広場でも、今日までであるがイルミネーションが美しい。
2009_1225fujitest0004

 輪が家でも、何年か振りで、妻が心づくしのクリスマスの膳を作ってくれた。ローストビーフとサラダである。
 
 二人だけのクリスマスは若干さびしいが、先日ネットで注文して取り寄せたベルギービール デュベルで乾杯。

 このビールを飲むのは初めてである。2009_1225fujitest0007


 色は薄い黄金色に染まる。
 グラスに注ぐと非常にクリーミーで腰の強い泡立ちと、8.5%と高いアルコール度数ながらそれを感じさせない口当たり。
 すっきりとした切れのよさは、日本のラガービールと類似している。
 喉を通るスムーズさ、鼻に抜ける爽やかな甘い香りが特色か。

【ベルギービール】
 750mlの詳細

原産国 ベルギー
醸造所 デュベル・モルトガット
分類 ゴールデンエール
アルコール度数 8.5%
原材料 4種類の大麦モルト、ホップ
容量 750ml
飲用温度帯の目安 6~10℃
「世界一魔性を秘めたビール」と称されるゴールデン・エールの最高峰。1918年以来、独自の酵母を用いたオリジナルなレシピが現在も守られ、2ヵ月にわたる長い熟成と瓶内2次発酵がその繊細な香りと絶妙な苦味を生み出します。 とラベルに書かれている。

| | コメント (0)

蕎麦の風味について

先週は香りについて書いてみましたが、皆様の感想は如何だったでしょうか。
 「この表現は違うのでは?。」と感じた方、また「なるほどなるほど。」と頷いてくれた方といろいろな方の反応がありました。

 以前、私は、蕎麦の香りのみに期待しすぎておりました。現在でも、その傾向は抜けきっておりませんが、蕎麦の美味しさには、香りと同時に、味が大切なことは、誰でも知っております。
 
 「この蕎麦は香りがいい。」と言うよりも、「この蕎麦は風味がいい。」と表現したほうが蕎麦の美味しさをよりよく伝えることが出来る様に思います。

 風味とは香りと味を同時に表現するときに便利な言葉です。食べ物にも寄りますが、食材をより特徴づける言葉です。

 食べ物を食べるときは、「美味しそう!。」と目で見て、まず感じますね。口に入れて噛み味を舌で感じて、さらに、鼻腔に抜ける香りを感じて、総合的に美味しいと判断いたします。
 口に入れてから、飲み込むまでが、風味という概念が関わる範疇でしょうか。

 ・・・続きます。

| | コメント (0)

蕗の薹の天ぷら

 裏の竹林の付近に蕗畑があります。Dscf0009


 先日行った時はまだ出ておりませんでしたが、少し遅かったのですが、蕗の薹が顔を出しました。

 今年も、年を越す前に、お客さまに春先取りのフキノトウの天ぷらを召しあがっていただくことが出来ます。

 明日からですよー。

| | コメント (4)

明日18日は臨時休業

 明日18日(金)は申し訳ありませんが臨時休業いたします。

| | コメント (0)

蕎麦の香りと美味しさについての表現

 蕎麦の美味しさについて、ブログなどを検索すると、いろいろな方が書き、興味深い考察をしております。

 しかし、人それぞれその表現は多種多彩であります。

 人が感じる美味しさの定義などないのかもしれませんが、私なりに考察をしていきたいと存じます。

 お客様の中に「蕎麦の香が余りわからない。」とか 「このそばは腰が強い。」 更には、「風味がいい蕎麦ですねー。」とか 「もっちりとした食感ですねー。」とか表現される方がおります。

 蕎麦談義で一番話題に上がるのは、やはり香りでしょうか。

 「この蕎麦は香りがいい。新そば? 美味しいね!。」 「この蕎麦は、香りがない!。」 などです。

 一般的に云えば、食べ物の美味しさに関係して、香は大きな要素です。

 蕎麦の香りを表現すると、早めに収穫された新そばは、若草を干したときのような清清しい香りとでも云いましょうか。
 そして、十分熟成されて収穫された蕎麦は、新そばであっても大地の恵を感じさせるような、そば本来の香りがいたします。

 このそば本来の香りとは、どのように表現したよいのでしょうか。

 しかし、これがなかなか難しいのです。あるブログに「蕎麦の香りは蕎麦の香りだからです。」と表現されておりましたが、その通りだと思います。

 たとえば、利き酒の表現方法で、「上品で線の細い柳腰の美人」と言うような日本人流の表現もありますが、「デリシャスりんごのような」とか「バニラのような」という欧米人流の表現があります。
 いずれもあくまで比喩でして、酒本来の香りを表現しているわけではありませんね。

 蕎麦の表現も同じことです。

 新そばを 「爽やかに吹く風のような香り」と日本人流に表現するか、より具体的に「若草を干したときのような清清しい香り」と欧米人流に表現するか。

 熟成された蕎麦を「大地の恵を感じさせるような」と表現するか、「熟酒を思わせるような濃厚な香り」と表現するか。
 このように比ゆ的には可能ですが、いずれも、蕎麦本来の香りではありりません。

 結局、蕎麦本来の香りは、蕎麦を自分で挽いたり、打ったり、食べたりして、感じていただくほかはありません。

 さて、このような表現があるブログ(つれづれ蕎麦)に載っておりました。

 「どっしりと野趣さあふれた田舎蕎麦の風味たっぷりの蕎麦お日様を思わせる穀物の香りが強く押し寄せる。」

 なかなか上手な表現です。Dscf0025

 昨日、そんな蕎麦をイメージして、今年の新そばを石臼で挽いて、十割で打ってみました。濃厚な蕎麦の香りが致します。
 次は風味について、考えて見ましょう。

| | コメント (0)

日立駅前広場のイルミネーション 

 日立駅前新都市広場で今年イルミネーションが点灯されます。

 また、今年もその季節がやってきました。Dscf0019


 「綺麗ねー。」という声が聞こえてきます。点燈は25日までだそうです。

Dscf0021

| | コメント (0)

木の伐採 楢の大木

 嘗ては、楢やクヌギは家具材、細い枝は暖をとる薪として大変貴重であった。
今は、80センチの大木であっても誰も引き取り手がいない。嘆かわしい限りである。

 椎の木の葉っぱだけが、市の動物園にキリンのえさとして引き取られた。木の伐採には多額の費用が掛かる。
今回は、お墓の直ぐ近くにある楢、クヌギ、椎の木の伐採をお願いした。Dscf0012


 とてもプロの木こりでなければ出来ない仕事である。

 切った後は、腐らせて終わりである。本当にもったいないのであるが、運び出すにもお金が掛かるので
結局、そのまま朽ち果てるのを待つことになるのだ。Dscf0017


 今までも、樫や楢の大木を切って放置してきた。せめて、薪ストーブの燃料に利用してくれる方がいれば云いと思う。
 取りに来てくれれば、勿論無料でさしあげたいにであるが。

 誰かいませんか。

| | コメント (0)

新そばの香り

 9月、北海道地方に始まって、11月中旬は九州地方で、秋の新そばの収穫は終わる。

 今では日本国中、どこでも秋新が食べられるのである。
 
 昔、初物好きな江戸っ子は秋新と聞けば、香りや風味にひきつけられて、そば屋に駆けつけたらしい。
 
 さて、新そばの香りとはどんな香りであろうか?。そんな疑問を持ったので、少しそばの香りについて書いてみようと思う。
  
 酒には立ち上り香や含み香という概念があるが、蕎麦に当てはめるて考えると、理解がし易いのではなかろうか。

 まず、蕎麦の立ち上り香は。
 一般的には、蕎麦粉に水を注いで水回しに入ったとき、フワーと上がるそばの香り(若草を干したような香)をさすのであろう。
 私は、蕎麦にはもう一つの立上り香があると考えている。それはどうゆう状態か。玄蕎麦を挽くときに、フワーとそばの香りがする。新そばはこの香が強いものである。

 残念ながらどちらも、お客様はこの香は経験することは出来ない。
 
 お客様が、新そばの香りを経験するのは、蕎麦をズズーと啜って食べるときである。

 そのとき、喉越しのよさと鼻に抜ける含み香を楽しむのである。

 もっと香を楽しむには、喉越しのよさを犠牲にして蕎麦を噛んで、飲み込む。風味と香を同時に楽しめると思うのですが・・・。

 これば邪道と言う方もいます。

 あなたはどちら派・・・?。
 

 今年裏の畑で取れた蕎麦は収穫量は少なかったが、香と風味がよい蕎麦が取れた。蕎麦を挽くときに
本当によい香がする。

 打ち上げたそばは風味も良く、お客さまに好評である。

 

| | コメント (4)

いよいよ師走

 今朝、日立は冷たい雨が降っております。
パソコンを操作していても、背中のほうがスーッと寒く感じます。

 小降りになったので、急いでゴミを出しに行ってきました。さらに、背中に寒さを感じております。
 Dscf0002


 先日、デジカメが壊れて暫らく写真を携帯で撮ってアップしておりましたが、写真の精度がよくありませんでした。
Dscf0006

 一昨日、買え替えて写真を撮ってみました。昨日は、一日中、快晴でしたので、朝と夕方の庭の紅葉の
写真を試にとって見ました。

 紅葉もそろそろ見納めですね。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »