« 新そばの香り | トップページ | 日立駅前広場のイルミネーション  »

木の伐採 楢の大木

 嘗ては、楢やクヌギは家具材、細い枝は暖をとる薪として大変貴重であった。
今は、80センチの大木であっても誰も引き取り手がいない。嘆かわしい限りである。

 椎の木の葉っぱだけが、市の動物園にキリンのえさとして引き取られた。木の伐採には多額の費用が掛かる。
今回は、お墓の直ぐ近くにある楢、クヌギ、椎の木の伐採をお願いした。Dscf0012


 とてもプロの木こりでなければ出来ない仕事である。

 切った後は、腐らせて終わりである。本当にもったいないのであるが、運び出すにもお金が掛かるので
結局、そのまま朽ち果てるのを待つことになるのだ。Dscf0017


 今までも、樫や楢の大木を切って放置してきた。せめて、薪ストーブの燃料に利用してくれる方がいれば云いと思う。
 取りに来てくれれば、勿論無料でさしあげたいにであるが。

 誰かいませんか。

|

« 新そばの香り | トップページ | 日立駅前広場のイルミネーション  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新そばの香り | トップページ | 日立駅前広場のイルミネーション  »