« 蕗の薹の天ぷら | トップページ | 今宵はクリスマス »

蕎麦の風味について

先週は香りについて書いてみましたが、皆様の感想は如何だったでしょうか。
 「この表現は違うのでは?。」と感じた方、また「なるほどなるほど。」と頷いてくれた方といろいろな方の反応がありました。

 以前、私は、蕎麦の香りのみに期待しすぎておりました。現在でも、その傾向は抜けきっておりませんが、蕎麦の美味しさには、香りと同時に、味が大切なことは、誰でも知っております。
 
 「この蕎麦は香りがいい。」と言うよりも、「この蕎麦は風味がいい。」と表現したほうが蕎麦の美味しさをよりよく伝えることが出来る様に思います。

 風味とは香りと味を同時に表現するときに便利な言葉です。食べ物にも寄りますが、食材をより特徴づける言葉です。

 食べ物を食べるときは、「美味しそう!。」と目で見て、まず感じますね。口に入れて噛み味を舌で感じて、さらに、鼻腔に抜ける香りを感じて、総合的に美味しいと判断いたします。
 口に入れてから、飲み込むまでが、風味という概念が関わる範疇でしょうか。

 ・・・続きます。

|

« 蕗の薹の天ぷら | トップページ | 今宵はクリスマス »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕗の薹の天ぷら | トップページ | 今宵はクリスマス »