« 玄蕎麦を洗う | トップページ | 木の伐採 最終日 続き »

木の伐採 最終日

 先週の金曜日に最後の木の伐採をした。
そのために、店は金曜日は休みにした。
Basai04


 急斜面に立っている大木なので、倒す方向を誤ると人家に掛かるので
慎重に、何時間も掛けて仕掛けをした。

 まず、人家に掛かる枝を切るために、二段梯子をつかって上るのであるが、木がかなり高く、目的の場所にたどり着かない。
 どうするかと見ていると、足場を作るために小さな鉄の棒を打ち込んだ。更に、その上にもう一本打ち込む。
 目的の場所まで繰り返すのだ。
 伐採のプロ;haradaさんがやるので、高所作業でも安心であるのだが・・・。
 下で見ている我々は、背筋がぞーとする。それくらいすごい作業だ。

 枝を払う作業のした後-次に、ワイヤーを滑車2個、使って巧みに張る。滑車2個を使うのは
木の重量が何トンも掛かるので、力を分散させて引く力を軽くするためである。動滑車の理論は中学校で学んだとことはあるので理屈は分かっているのであるが、木を倒すような仕事になると、仕掛けが難しい。
 やはりプロでしか出来ない仕事である。

 このワイヤーを使ってウインチで引き木を起こすのだ。

Basai02_2
 次に、方向を変えるためのワイヤーをもう一本張りウインチに連結する。
Basai05

 さらに、倒すときに、根本は動いて危険なので木の根元をワイヤーで留める。

 これで、仕掛けは終了する。

 木を倒す作業に入る。

 

 

 

|

« 玄蕎麦を洗う | トップページ | 木の伐採 最終日 続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 見ていても、恐ろしくぞーとします。
 プロと言えども、本当に危険な仕事です。
命綱も用いません。何かあったら、進言しましたが
職人さんは、人の云うことは聞きません。自分なりの流儀があるのでしょう。

投稿: そばがき | 2010年1月26日 (火) 15時01分

すごい、迫力ですね~。
一瞬なぜだか、「のっぽさん」を思い出したのはなぜかしら。
なんだか、器用に何かをしている姿に対して・・・かな?

子供の頃、近所のライオンが脱走して
素早く木に登って非難したのですが、ライオンじゃなくて
トラだったら、チビ黒さんぼだなぁ。

投稿: そば箸 | 2010年1月26日 (火) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玄蕎麦を洗う | トップページ | 木の伐採 最終日 続き »