« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

ネパールのそば処

 お客様がネパールに行って食べた蕎麦が美味しかったという話を前回アップしました。

 そのとき、S氏が話してくれた内容の情報をしっかりと理解していなかったが、気になって、「ネパール ポカラ 蕎麦」で検索。

  結果、何件かヒットしてきた。

 たぶん、ここではないだろうかと思い当たるホームページを見つけた。

http://members3.jcom.home.ne.jp/seisui2/himarayakikou.pdf

 「ヒマラヤそば処」という蕎麦屋さんらしい。
 
 長野県戸隠で蕎麦打ちから修行したネパール人が、日本人の奥さんと共に経営している「ホテル・サンセット・ビュー」というホテル内にあるとの記事を書いている。

 しかし、S氏はポカラで食べた蕎麦がおいしかったといっていたので、ここではないらしい。

 いろいろと検索してみてが、ポカラの美味しい蕎麦屋の案内はなかった。

 S氏が再訪されたら、正確なところを聞いてみようと思っている。

| | コメント (2)

ネパールの蕎麦・・あるお客様のお話

 日曜日、「今日、よろしいでしょうか。」と電話での予約が入った。
 「よろしいですよ。」と私。

 最近は、当日の予約やフリーのお客様が入ることがあるので、少し余分に打つことにしている。

 大変蕎麦がお好きな方で、美味しいと聞くとどこにでも行くらしい。

 帰り際に、「ネパールに行ったことがありますか。」と訪ねてきた。

 聞くと、ネパールでも美味しい蕎麦があるという。

 ネパールで蕎麦粉を使っての料理と言うとそばがき(パイトウ)がよく食べられると聞いていたので
「日本風のそば切り?」と聞きなおした。

 「ええ そうですよ。これが素晴らしく美味しいのです。」。

 「場所は、カトマンズから少し遠いです。ポカラという所です。」とS氏は答える

 ネットで検索してみようと思い立った。

 続く・・・。

| | コメント (2)

明日は休みです

 明日20日は都合により、休みます。
 日立市の農業委員の選挙があり、候補者の受付の立会いを致します。

| | コメント (2)

日立は雪国・・・?

 2010_0218
昨夜、妻が札幌の友人と電話していた会話

 「最近 こちらは雪国のようよ。」

2010_0218001

 まさか、今日の朝がこのようになるとは。

 本当に雪国のようだ。(写真上は母屋から庭を望む。下の写真は母屋です。)

| | コメント (2)

今年3度目の雪景色

 今日の朝の店前の景色。04

 夜半降ったのであろうか。朝方なのであろうか。

 今年3度目の雪景色を見せていた。

 日立で三度の雪景色は、最近では珍しいものである。
02

 この度の雪は、ほあーっと積もっている牡丹雪。
 梅に雪、牡丹に雪の風情はないのであるが・・・・、札幌での経験では、三月下旬に降る春の雪を思い出した。
30

そうそう、昨日アップした蕎麦会での話。

 「蕎麦が変わったの?。」という方がおりました。

 「ええ 本日は手挽き粉を5割にしました。」と私。

 「香りが立ってますね。美味しい。」とお客様。

 違いが判るお客様は嬉しいです。努力の甲斐があるものです。

| | コメント (0)

仲間達と蕎麦を食べる会 

 同じ高校の山岳部に所属していた生徒達が、卒業時に、仲間の会を立ち上げたそうです。山を苦労して楽しんだ仲間という意味を込めてつけた名称が「岳苦楽会」でした。 (がっくらかい と読みます。)

 卒業したての頃は東北の山を中心に日本のいろいろな山に登ったと言います。
それぞれが結婚してからは海遊びや旅行、温泉にと夫婦同伴、さらに、子供達を連れてよく旅行にも出かけたそうです。
 
 仲間には欠けた方もいるとのことですが、今でも、切れずにお付き合いはあるそうです。今回は、仲間の一人が一度は梗塞で倒れて難しかったのですが、仲間達の励ましで元気を取り戻しました。
 昨日は、その方のお祝いも兼ねた蕎麦会でした。元気に美味しそうにお酒を召し上がっておりました。
Cimg4073_2(写真は出しした酒)


 昨日はあいにくの雨の日になってしまいましたが、寒い中、13名が集い、楽しい会になりました。

 料理を出し終えて、私も仲間に加わりました。

 高校時代、自主性や社会性などの生きる力をクラブ活動の中で身につけて得たものは大きいものだなーとしみじみとお話を聞きておりました。

 クラブ活動は同好の仲間(異学年・先輩後輩)と一緒に楽しさや満足感・成就感を体験できます。卒業して50年
たった今でも、このように仲間の心が繋がっている。
Fuku

 素晴らしい仲間の会のお手伝いが出来たことを嬉しく思っております。岳苦楽会の皆様有難うございました。

 皆が帰り、店の庭先を見ると、福寿草がちょっと顔を覗かしておりました。

 
 

| | コメント (0)

昨夜の雪は・・・

 寝床に入り、ウトウトとしている時、「ズードドドド-」との音。「地震か!」と思う。

それにしては、家が揺れない。

 心配になって、障子をあけて外を見た。なんと! 外は真っ白。夕方の雨から、雪に変わっていたのだ。
Asa08


 今朝起きてみると、ご覧の通り。一面の銀世界。

こんな光景を見ると、以前生活をしていた札幌を思い出す。勿論、風情も違うし、雪の量は格段に違うが・・。Asa02
Asa01


  札幌雪祭りは、昨日11日で終了したというニュースを見たが、今年も観光客は多かったのであろうか。

 私達が住んでいた頃は、祭りの会場は、大通りと真駒内自衛隊内であったが、今は、真駒内会場ではなく東区のつどーむ会場という。

 相変わらず、子供たちには雪の滑り台は人気があるらしい。
Asa04
Asa05


| | コメント (6)

2月は変則営業 そして都市ガスの工事

 2月は都市ガスの工事やら、農業委員会の選挙等で金曜日は原則休みにしておりますので、予定表の確認をお願いいたします。

 話は変わりますが、先週3日から昨日まで店と自宅、都市ガスの工事を行っていたので、立会いやら、途中店の営業と少しばたばたしていた。

 こんなことで、ブログをアップ出来ずにおりました。

 プロパンから都市ガスに切り替えることは簡単だろうと考えていたのでしたが、なかなか大変でした。

 プロパンのように、設置部分の配管だけではすみません。本管より、店と自宅までの距離があり
この工事に2日間掛かかりました。店と自宅周りに1日、内部の工事に二日間掛かり、営業を挟んでの
工事でした。

 また、付随工事として、プロパン用のガス器具から、都市ガス用に切り替えなければなりません。

 一部手直しで使用可能な器具もありますが、古いものになると対応する部品がなく、新しいものに取り替える
必要が出ます。

 費用もばかになりませんね。

 
 

 

| | コメント (0)

雪の朝 IN 日立市田尻町

 昨晩は、雨から雪に変わった。

 朝のテレビのニュースで知ったのであるが、関東甲信地方は1日夜から2日未明にかけて雪となり、東京都心でも積雪1センチの初積雪となったという。
 0202

 わが店の朝もご覧の通り、昨夜は初雪となった。
202

| | コメント (2)

いよいよ2月

 つい、今し方年頭のご挨拶をしていたと思っていたが、もう二月に入った。

 「光陰矢のごとし」とはよう云ったもので、月日が過ぎ去るのは早い。

 先月で、69歳になった。「69歳」をネットで検索してみた。あまりいい記事に出会わない。

 69歳に女が40歳と偽装して詐欺を働く。インドネシア大統領が69歳で死去、富山で用水に転落した男性69歳、大阪の女が自転車のパンクさせる事件等々である。

 ハイチの奇跡の記事が救われる。がれきの中から救出された女性はほこりで全身が真っ白な女性69歳が172時間ぶりに救出された。

 ニュース性のある事件を取り上げての報道なので、このような記事になるのであろうが、69歳という節目の年には、気をつけよ! と昔の人はよく言ったそうである。

 母に、79歳のときに、「何歳になった。」と聞いたときに「80歳」と答えたものである。「え! 79歳じゃない?。」
というと、「9の数字はよくないからよ。」と答えたものである。
 
 さて、話は変わるが、1月の最後の週末は忙しかった。金曜日は、予定なかったが、お得意様からの電話で営業することになった。

 土曜日、5組のお客様で一杯になった。

 この日は、嬉しいことに、現在、長野に住んでいる札幌時代の同僚KOBAYASI氏がご夫婦できてくれた。十数年ぶりの再会で話に花が咲いた。

 「どうしてそば屋さんになったの?。」と不思議そうだった。

 学校を退職されてからは実家に戻り、お父さんのあとを継がれて工作機械・工具の総合商社の社長さんになったと云う。
  昨日の日曜日、勝田マラソンに出場したはずであるが、結果はどうであったろうか。

 これからも、健康に留意されて、活躍をして欲しいものである。


 日曜日、今日は東京のお客様が二組と地元の方二組、最初は贔屓筋のYAMADA氏娘さん夫婦とお連れの方、実家に来たときに、よくよってくれている。
 写真の個展を開催する美的センスのある方で、次はドイツでカメラを・・といっていた。
 
 東京でお仕事をされているアリコさんが会社の上司の方をわざわざ案内してくれた。ここまで足を伸ばしてくれて、本当にありがたいものである。
 お世辞でも「美味しかったですよ。」と云ってくれた。田舎のこのような店を気に入ってくれたようなので一安心。

 このような一言が、もっと美味しいそばを打とうと励みになるものだ。


 

 
 
 
 

 

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »