« 木の伐採 最終日 続き | トップページ | 雪の朝 IN 日立市田尻町 »

いよいよ2月

 つい、今し方年頭のご挨拶をしていたと思っていたが、もう二月に入った。

 「光陰矢のごとし」とはよう云ったもので、月日が過ぎ去るのは早い。

 先月で、69歳になった。「69歳」をネットで検索してみた。あまりいい記事に出会わない。

 69歳に女が40歳と偽装して詐欺を働く。インドネシア大統領が69歳で死去、富山で用水に転落した男性69歳、大阪の女が自転車のパンクさせる事件等々である。

 ハイチの奇跡の記事が救われる。がれきの中から救出された女性はほこりで全身が真っ白な女性69歳が172時間ぶりに救出された。

 ニュース性のある事件を取り上げての報道なので、このような記事になるのであろうが、69歳という節目の年には、気をつけよ! と昔の人はよく言ったそうである。

 母に、79歳のときに、「何歳になった。」と聞いたときに「80歳」と答えたものである。「え! 79歳じゃない?。」
というと、「9の数字はよくないからよ。」と答えたものである。
 
 さて、話は変わるが、1月の最後の週末は忙しかった。金曜日は、予定なかったが、お得意様からの電話で営業することになった。

 土曜日、5組のお客様で一杯になった。

 この日は、嬉しいことに、現在、長野に住んでいる札幌時代の同僚KOBAYASI氏がご夫婦できてくれた。十数年ぶりの再会で話に花が咲いた。

 「どうしてそば屋さんになったの?。」と不思議そうだった。

 学校を退職されてからは実家に戻り、お父さんのあとを継がれて工作機械・工具の総合商社の社長さんになったと云う。
  昨日の日曜日、勝田マラソンに出場したはずであるが、結果はどうであったろうか。

 これからも、健康に留意されて、活躍をして欲しいものである。


 日曜日、今日は東京のお客様が二組と地元の方二組、最初は贔屓筋のYAMADA氏娘さん夫婦とお連れの方、実家に来たときに、よくよってくれている。
 写真の個展を開催する美的センスのある方で、次はドイツでカメラを・・といっていた。
 
 東京でお仕事をされているアリコさんが会社の上司の方をわざわざ案内してくれた。ここまで足を伸ばしてくれて、本当にありがたいものである。
 お世辞でも「美味しかったですよ。」と云ってくれた。田舎のこのような店を気に入ってくれたようなので一安心。

 このような一言が、もっと美味しいそばを打とうと励みになるものだ。


 

 
 
 
 

 

|

« 木の伐採 最終日 続き | トップページ | 雪の朝 IN 日立市田尻町 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木の伐採 最終日 続き | トップページ | 雪の朝 IN 日立市田尻町 »