« 筍が出たぞー | トップページ | 山ウドが出たぞー! »

金曜日のお客様 友情の証

 「同じ高校の山岳部に所属していた生徒達が、卒業時に、仲間の会を立ち上げたそうです。山を苦労して楽しんだ仲間という意味を込めてつけた名称が岳苦楽会でした。」
 
 2月にも紹介したように、当店で友を偲ぶ蕎麦の会を開催して戴きました。

 特定の目標を持つもの同志が、何かの機会に知り合って、共感や信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間感情を「友情」と呼ぶ。・・・なんとも、堅苦しい定義をしてしまいましたが、友情関係には定義などはいらないでしょうね。
Kt8a

 卒業から、50年が過ぎた今も友情関係が続いている。なんとも、うらやましい限り。私などは高校を卒業してからは、日立にはいなかったので、友情を育む時がなかった。

 この日、集まった目的は、登山仲間のお墓参りをした後に、友を偲んで一杯といううことらしい。

 あの世の友も一緒に盃を傾けていることでしょう。

 このときの食前酒は「喜楽長 特別純米 あらばしり」米のうまみを引き出した甘みと心地良い酸味が身上。おりがらみでバランスよく調和している。 季節限定商品。
Kuru

 セリのおひたし、筍のおかか煮、かもの燻製で飲んでもらいました。

 この酒は、3種類の中では一番評判がよかったようです。

 食中酒は「車坂 純米吟醸」 旨味を追求し造った日本酒ということなので、ぬる燗で飲んでいただきました。
燗にすると旨味と切れが増します。

 お刺身の盛り合わせと天ぷらをお供にぐっと一杯。話が弾んでおりました。

 蕎麦で〆です。

 最後に飲んでいただいた酒は「獺祭 純米大吟醸」 これも評判がよかった。

 三種類の酒を友を偲び友情という盃で飲む。桜 満開の午後でした。Cimg4073

 なお、昨日、同会のF氏が山桜で枝で作ったという椅子の形をした素晴らしい植木鉢置きを届けていただきました。

 思いもよらないプレゼントにびっくり。ここにも友情の片鱗を見た思いです。

Isu


 

 

|

« 筍が出たぞー | トップページ | 山ウドが出たぞー! »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筍が出たぞー | トップページ | 山ウドが出たぞー! »