« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

JWAY訪問記 NO2

 玄関を入ると、まず、目に付くのが、早見優の笑顔とアニメキャラである。
向かって左が受付になっている。
 奥が事務所。
Jway03
 私の姿を見つけて、可愛い女性が「いらっしゃいませ!」と出迎えてくれた。

Jway04
 私の訪問を知らされていたらしく「こちらでもう少しお待ちください。」と丁寧なご挨拶。ショールームに案内される。

 こちらは、ケーブルテレビで放映している内容が鑑賞できるようになっている。
 暫らく鑑賞していると、アパートにケーブルテレビを導入したときにお世話になった営業担当関君が現れた。

Jway05
 それから、大西社長とお会いする。2F製作技術室を見学。


 社長室で雑談。
 ケーブルテレビのPR方やホームページの気付いたことを失礼とは知りながら質問してみた。
 特に気になっていたことは、CATVの加入率である。

 加入率がまだ低いとのこと。新聞などの折り込みチラシなどでPRを強化しているとのことであった。

 一般家庭向けのPR,も必要であるがアパートオーナーも最近は入居率で苦しんでいる。オーナーへのPRも積極的に行なうべきでしょうと提案した。

 また、「ホームページに不慣れな人が見ても判断できるようなものであれば、いいですねー。」などを話題にしたように思う。

 堀江営業部長も同席してくれた。私の勝手なおしゃべりを若い関君や益子君も嫌がらずに聞いてくれた。
 
 JWAYは大半が二十代三十代の若い社員のようである。協力し合って、JWAYを成長していただければ、ひいては日立市の発展に繋がるのである。
 
 ご苦労を掛けるであろうが、おおいに頑張ってほしいものである。
 
 雑談の後、JWAYの心臓部であるCATV、インターネット、IP電話回線の装置類を見学。

 そして、編集室やスタジオを見学。番組制作担当の寺田氏にスタジオの仕組みについてなど説明を聞く。

 ここのスタジオで撮影された画像がケーブルを通して各家庭に流されるという。電波で発信されている地デジ局とは違って安定した画像が見られるので、ケーブルテレビの強みであろう。
Jway08

 Jway06

 大西社長と並んで、カメラに向かう。

 カメラの方向に、アナウンサーが読み上げる原稿が映し出されて、間違いないように工夫されていた。
 カメラ目線もしっかりと確認できるようになっており、その仕組みがよく理解できた。

Jway07

 このカメラはハイビジョン撮影のものであり、これからのJWAYケーブルテレビは更に良質の画質になると話されていた。
Jway09_2

 ただし、ハイビジョン放送は情報量が多いために、チャンネル複数必要であるという。現在の行政チャンネルとJWAYチャンネルの2チャンネルを統合する必要があるとのことで、現在方法を検討中という。

 これからの日立市は、ますます高齢化が進むであろう。私も、来年は70歳、古希である。自分ではまだまだ若いと思っているが、蕎麦を打った後の疲れが気になるようになって来た。
 
 こんなときにはゆっくりとJWAYのCSデジタルで映画など鑑賞をしようと思う。

 最後に
 お忙しい中を大西社長をはじめ皆様方にご案内を戴き、感謝しております。有難うございました。
 

 


 

| | コメント (0)

JWAY訪問記 NO1

 日立市が情報化を推進する事業として具体的に展開する「日立市情報化基本計画」を企画立案したのが、平成13年であった。
 市民からも、情報化推進委員が公募されて、その一人として参加した。
 その当時は、現在のように、インフラが整備されては居らず、市民生活の中に、上手く浸透されるのであろうかと気を揉んだものである。
 
 日立市情報化基本計画も次の年には「e-ひたち計画」と親しみ易い愛称がつけられた。 
 ここから本格的なアクションプランが開始され、基本理念である「ITで、いつでも、どこでもふれあうまち ひたち」を具体化するに至った。
 
 e-ひたち計画が進む中、通信会社のインフラも整備され、最速のフレッツ光となっていった。
 この間に、市の情報化とともに市内のインフラも進んでいった。
Jway01


 平成17年には、市は独自にケーブルテレビを導入し、市内全域にケーブル網整備され、待望の行政放送番組試験放送が開始されたのを思い出していた。
 
 ちょっと前置きが長くなってしまいました。

 こみ上げてくる思いを抱きながら、昨日、JWAYの玄関に立った。

 ふと気がついて、視線を海側に移すと、立派に新装成るであろう日立駅の工事中の姿が見えた。
 この記事は、NO2に続きます。
 Jway02


 

| | コメント (0)

お品書きファイルを書き換えました

 本日、お品書きのファイルを見やすく書き換えました。

 なお、一品物の天ぷらは天もりと同じでしたが(5品目)から7品目に増やして600円にしましたので、お知らせいたします。

| | コメント (0)

蕎麦が切れる原因は?

 昨日のこと、お客様から次のようなことを聞かれました。

 「自分でもそばを打つのですが、上手く打てないんですよ。切れてしまいます。」
 「どうしてでしょうかねー。」と

 さて蕎麦を打っているあなたでしたらどう答えますか。

 蕎麦が切れる原因は限りなくあるように私は思えるのですが。

 
 蕎麦粉は? 微粉それとも粗挽き粉?  生粉打ち? それとも二八等あり、まず、お客様の蕎麦を打っている状況がわかりません。

 「答えはというと、難しいですね。」と答えてしまっては、折角、訪ねてきて質問してくれたお客さまに失礼です。

 ということで・・・。

 蕎麦が切れる主な原因を挙げてみました。

 経験上、判ったことですが、水まわし(木鉢仕事)が不完全でおこることが一番かもしれません。

 そして、そのときの加水量が大きく関係いたします。

 次に、蕎麦粉に原因があるとことがあります。私は、玄蕎麦を石臼で挽いて24メッシュの篩いでふるいます。この粉を全体の4割使いますので、上手く水回しを行なわなくてはなりません。

 この一つの事例を挙げただけでも、蕎麦が切れる原因は複雑に関係しております。

 お客様には「まず、水回しを十分時間をかけて行なって下さい。」と答えておきました。

 さて、水回しですが、YouTubeによい事例が載っておりましたので紹介することにしました。

 上野藪蕎麦の鵜飼名人の講習時の録画です。

 こちらを見て欲しいと、お客さまにお話いたしました。

 まだ、蕎麦の切れる原因があります。機会がありましたら、アップいたしたいと存じます。


 

| | コメント (0)

イベント・観光とお客様

 さくら祭りから、昨日、一昨日の日立大道芸大会と続いた日立のイベントも今週は一休みというところです。

 22日、23日は「きららの里 春祭り」があります。

 ニジマスのつかみ取りなどを予定しているそうです。入場料は無料。

 奥日立きららの里は、自然体験型のレクレーション施設で、広大な園内には長さ日本一のワクワクスライダーがあり、子供たちの人気を集めております。

  車でのアクセスも良く、常磐自動車道 日立中央I.Cより県道36号線に入り、約10分と近いです。

 さて、春のイベントも終わりに近いですが、イベント・観光を兼ねて、蕎麦でも食べようかとネットで探して訪ねてくれるお客様が少しづづ増えてきています。

 昨日もかみね動物園を見学して寄ってくれたご家族や鵜の岬にご宿泊のお客様が「蕎麦が好きなの!」とご友人達と昼食をとりに立ち寄ってくれました。

 天候もよかった勢か、昨日、一昨日と満杯になりました。

  ありがたいことです。
 
  期待に応えようと、妻は筍、ここみ、うど、よもぎ等を朝取りして、お客さまを待ちます。

 私はというと、蕎麦を挽き、7時近くには蕎麦を打ち出します。

 最近は、手挽きの蕎麦粉を4割方入れるので蕎麦を挽く時間が結構かかりますね。

 手挽きする蕎麦の実は、常陸秋そばの玄と幌加内産の丸抜きを混ぜて石臼で挽いております。

 玄蕎麦は、数日前には水洗いして、陰干しをした後、天日で干します。この一手間でそばの香りが立ち、甘みも増すようです。

 このようにして打った蕎麦は、お客様からは好評をいただいております。

 限られた条件の中で、美味しいそばをどう打つか。

 これからも、創意工夫を続けてまいりたいと存じます。

 よろしくお願いいたします。
Kiri


 今、店先には、霧島つつじとハナミズキ、こてマリが満開。お客様を迎えております。

 

 
 

 


 

 

| | コメント (0)

第19回日立国際大道芸大会


  
 第19回日立国際大道芸大会

 5月8日(土)昼の部12時から17時 夜の部18時から20時
 ところ:日立新都市広場

 5月9日(日)12時から17時
 ところ:よかっぺ通り、多賀市民プラザ広場、すずらん通り、駅前通り

 開催されます。

 世界のフェスティバルで活躍するトップパフォーマーのアート性溢れる大道芸が披露されます。
 中国雑技団の演技など圧巻です。

| | コメント (0)

いよいよ初夏ですねー

 昨日はなんと日立は25度でした。

 あの寒さはどこにいたのでしょう。冬から、一足飛びに、初夏の季節に入ってきました。
Asa02


 朝の庭の風景です。
Asa03

 山紅葉が淡いグリーン、出猩々は鮮やかなエンジュ。そして白藤と霧島つつじの赤と白のコントラスト。

 いい季節になってきました。

 Asa01


| | コメント (0)

ロックにしても美味しい酒

 酒をあまり口にしない妻が一口飲んで「まったりとして美味しい。香りもいいね。」と珍しく感想を述べた。
 強い度数の割には口当たりがよく、この酒は女性にも向くのかもしれない。 
 
 私は、冷やした酒を口に含んでみた。
 舌にチチッとした酸味が走った。甘酸っぱい香りが口中に漂う。
 今まで、飲んだことがないフレッシュさを感じる山廃の酒。
 日本酒度+4やや辛口の表示が嘘のように、まったりとしていて甘味を感じ、アンズのような香りが漂う。 
 アルコール度数が19~20度と高いがきつさを感じさせないのが不思議なくらいである。
 ホタテのバター焼にぴたりと合った。
Tamagawa

 酸がしっかりしているので、天ぷらや焼肉などにぴったりである。

 初夏の爽やかな夕暮れどき、ロックにして飲む。これは旨い!
 
 洋食などには、ビールやウイスキーというのが通説だろうが、この酒、チーズをツマミにロックでも楽しめる多彩な顔を持つ酒である。
 
 玉川 自然仕込み 純米酒(山廃) 無ろ過生原酒
 アルコール分19度以上 原料米:北錦 精米歩合66% 日本酒度:+4 酸度:2.1

 まだ今の時期なら、割り水をして燗で楽しんでみることもできる。
 酸味のチッチとした感じはなくなるが、米の旨味は残り、切れが増した。味はまったく崩れない。
 割り水の量を変え燗酒にして自分好みの食中酒としても面白いとおもう。


 次は 同じ酒蔵の 玉川 自然仕込 完全発酵 山廃純米 日本酒度:+15  を
比較しながら紹介しようと思う。

| | コメント (2)

GWの桜 IN 日立

 ゴールデンウイークの桜は(ソメイヨシノ)弘前から、函館へと北上したそうです。

 さて、日立はというと、珍しい桜が、今、見ごろです。
場所はかみね公園 吉田音楽記念館付近です。
Sa03

関山 濃紅紫色で八重桜の代表的品種


Sa04
福禄寿は淡紅色であるが、開花が進むにつれ白色


鬱金(ウコン)桜としては珍しい黄緑色の花
Sa01

ウコンとよく似た御衣黄(ギョイコウ)緑黄色で八重咲の花 


変わったところでは兼六園菊桜や楊貴妃もある。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »