« 第19回日立国際大道芸大会 | トップページ | 蕎麦が切れる原因は? »

イベント・観光とお客様

 さくら祭りから、昨日、一昨日の日立大道芸大会と続いた日立のイベントも今週は一休みというところです。

 22日、23日は「きららの里 春祭り」があります。

 ニジマスのつかみ取りなどを予定しているそうです。入場料は無料。

 奥日立きららの里は、自然体験型のレクレーション施設で、広大な園内には長さ日本一のワクワクスライダーがあり、子供たちの人気を集めております。

  車でのアクセスも良く、常磐自動車道 日立中央I.Cより県道36号線に入り、約10分と近いです。

 さて、春のイベントも終わりに近いですが、イベント・観光を兼ねて、蕎麦でも食べようかとネットで探して訪ねてくれるお客様が少しづづ増えてきています。

 昨日もかみね動物園を見学して寄ってくれたご家族や鵜の岬にご宿泊のお客様が「蕎麦が好きなの!」とご友人達と昼食をとりに立ち寄ってくれました。

 天候もよかった勢か、昨日、一昨日と満杯になりました。

  ありがたいことです。
 
  期待に応えようと、妻は筍、ここみ、うど、よもぎ等を朝取りして、お客さまを待ちます。

 私はというと、蕎麦を挽き、7時近くには蕎麦を打ち出します。

 最近は、手挽きの蕎麦粉を4割方入れるので蕎麦を挽く時間が結構かかりますね。

 手挽きする蕎麦の実は、常陸秋そばの玄と幌加内産の丸抜きを混ぜて石臼で挽いております。

 玄蕎麦は、数日前には水洗いして、陰干しをした後、天日で干します。この一手間でそばの香りが立ち、甘みも増すようです。

 このようにして打った蕎麦は、お客様からは好評をいただいております。

 限られた条件の中で、美味しいそばをどう打つか。

 これからも、創意工夫を続けてまいりたいと存じます。

 よろしくお願いいたします。
Kiri


 今、店先には、霧島つつじとハナミズキ、こてマリが満開。お客様を迎えております。

 

 
 

 


 

 

|

« 第19回日立国際大道芸大会 | トップページ | 蕎麦が切れる原因は? »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第19回日立国際大道芸大会 | トップページ | 蕎麦が切れる原因は? »