« 季節を楽しむ | トップページ | 7月、8月の営業は »

梅仕事 梅に導かれて 辰巳芳子著

今日も、午後から雨になった。

鬱陶しい日が続いている。

 今週は少し忙しかった。

 金曜日は、当日予約のお客様が二組入り座席の割り振りに難点が出てしまう。

 予約を入れてくれたお客様が3組、ゆっくりして頂けたであろうか。

 
 昨日は湿度が高くする、じわーっとする暑い日であった。仕事が終わってから
疲れがどっと出た。体力がなくなった証拠である。

 夜、疲れた体に鞭打って(おおげさであろうか・・・?。)辰巳芳子氏の梅仕事という言葉を思い出しながら、梅仕事に精を出す。・・梅肉エキスを作る
 Ume01


Ume02


Ume05


 以前買って読んだ本・・「手からこころへ」という本の中に、次のような一節がある。

 《梅に導かれて》

 今年も、梅の実の時節になった。小指の先はどの小さなものを、葉陰に見出しだのは三
月中旬であったろう。
梅は時間をかけて大きくなる果実の中に入るらしい。
 
・・中略・・
 
 うぶ毛を帯びて固く引き締まった鈴なりの実を見上げるのは、水底にいるような梅雨の時候を一時、忘れさせてくれる。

 
・・中略・・

 まず、梅雨にあたらぬ先の青梅では「梅肉工キス」。これは食あたりの特効薬として副
作用もなく、まことにありかたい薬である。特に海外旅行、滞在をなさる方々には強いてお持たせする。
 ・・後略・・

 
少し引用が長くなったが、梅仕事の流れをよく表していると思う。

 梅シロップは氷砂糖と梅を一対一の割合で作った。
Ume03

 今日は、予約のお客様三組が終わり、自分達も蕎麦を手繰った。雨も降ってきたので終わりにしようとした矢先に、電話がなった。
 話の内容から、遠方のお客様らしい。

 待つことにした。お話を伺うと古河市からだという。当店の玄蕎麦は、古河の「荒川アグリ」さんから取っていますよと告げると、驚いた様子。

 「アグリさんの奥さんとはPTAの仲間です。」 これは、偶然というか、奇遇であった。

 明日は、梅干を作る予定である。
Ume04

手からこころへ手からこころへ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

|

« 季節を楽しむ | トップページ | 7月、8月の営業は »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節を楽しむ | トップページ | 7月、8月の営業は »