« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

極暑続く ミョウガ取りに裏山へ

 じっとしていても暑い。汗がじわっと出てくる日が続いている。

 真夏の外の仕事は、朝に限るというとことで、今朝6時から、裏の畑にミョウガを取りに行ってきた。

 裏山に続く山道を登る。急な坂で登るのに結構きつい。2010_0729002

 「この坂道を登りきれなくなったら、そろそろ迎えが来るかな。」と祖父が云っていたことを思い出しながら、
登っていった。
 
 祖父は昭和552年5月に鬼籍に入った。90歳であった。

 若い頃は、本格的に日本画を学んでいたが、その後、軍人となり、絵を断念。

 郷里に戻って来てから、再び、書き始めた。雅号は「暁山」という。

  先祖が植えたであろうシュウカイドウが咲き始めた。この花が咲き始めると
2010_0729


 お盆が近い。この地方はのお盆は旧で行う。 お墓の掃除にも行かなければ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

JWAY ケーブルテレビ活用とアフターサービス

 JWAY ケーブルテレビに加入したのは、3年前。
インターネットは、ADSLを使っていたのであるが、スピードが遅く
不満に思っていた矢先であった。
 一方、その頃、日立市でも光回線が普及しつつある時期でもあっが、私の住む
田尻町2丁目は対応が遅かった。
 この地域はTV電波の障害もあり、画像が見難くなるときもあったので、
思い切ってJWAYに加入したというわけである。

 私の頭の中では、テレビとインターネットや電話回線は別物という理解であった。
回線が引かれるまでは、不安が強かったが、利用してみると、TVの画像も安定しており
インターネットもスピードが速く満足するものであった。

 最近では、auと提携して、電話料も安くなっており、こちらのありがたい。

 アナログテレビの利用期限が、1年を切った今も安心していられるのも、JWAYのお陰かもしれない。

 CATVはデジタルTVに対応してり、わざわざ地デジ用のアンテナを立てる必要がないのである。
 
費用のほうが心配であったが、TVの受信料とインターネット料金を別々に支払っていた頃より安く上がるようになった。

 自宅のJWAY回線を引き、その利点を知って、アパートにも最近回線を引いた。
入居者にも、来年の地デジに対策の不安がないと好評を戴いている。

 インターネットのアフターサービスの方も的確で対応が早い。

 最近も、困ったことが起きた。
 パソコン起動中に、突然シャットダウンすることがよくあった。重要な文章を書いているときやネットサーフェンしているときなどは、大変困る。
 
 どうも、ウイルス防止ソフトの不具合のようであるが、私の知識では、手に余ったので、電話で相談した。
 営業兼技術のMA君が駆けつけてくれて対応してくれた。こんなときは、地元の
プロバイダーなので対応が早く大変助かる。
 
 日立市が市民のためにと誘致したCATVがその効力を発揮する時がきているのだと思う。

| | コメント (0)

休業日のお知らせ

それにしてとも、暑い日が続きますね。

 外で食事をという意欲がなくなってしまうほどの暑さですが、

 この暑さの中、お客様が来てくれます。ありがたいことです。
 
 当日の朝、石臼で蕎麦を挽いていると、汗だくだくになりますが、美味しいそばを
打とうとする気持ちが、暑さを忘れさせます。

 さて、今週7月31日(土)は都合により休みを取らせていただきます。

 また、勝手ながら、8月21日から、9月5日まで夏休みを取らせていただきます。

 お盆の14日、15日は営業いたしますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

脳ドック検査


 特に、最近は物忘れがひどくなった。そば屋と母屋は近く、営業日には
よく物を取りに往復するが、何をとりに来たのか、忘れることが多い。
 ちょっと心配な現象である。

 そんな訳で、先々週、先週と2回に渡って、能ドックの検査を受けた。
 数年前に、受けたときに、2箇所ほど軽い梗塞の後があるとの検査結果
だったので、今回は、それがひどく進んでいるという心配もあった。

 受けた検査は、MRA検査(磁気共鳴画像診断;コンピュータグラフィックの進歩により、画面上で方向を変えて三次元に画像を表示する。)とMRI検査(解析度も優れていて、CTでは写せない小さな脳梗塞や、脳幹部の病変なども、はっきりとらえることができる。)である。

 いずれの結果も、前回と変わりないので、以後、変わった事ないのなら
次は三年後あたりを、目処に検査しましょうとのことでした。

 ちょっと安心しました。

 
 

| | コメント (0)

夏の蕎麦打ちは注意が必要

 先週、お客様からの質問。

 「久し振りに蕎麦を打ったのですが、加水の量は春打ったときとおなじにしたのですが
柔らか目に仕上がり、切ったときもくっついてしまいました。どうしてでしょうか。」
 との質問をいただきました。

 確かに、今に時期に蕎麦を打つのは、いくつかの注意点が必要です。

 日本の夏は、梅雨が明けると、一気に蒸し暑さが増します。

 エアコンのない時代、夏打つ蕎麦には手こずったようです。汗だくだくで蕎麦を打っている
様子が目に浮かびます。
 夏は蕎麦屋泣かせの季節ですね。

 さて、何に原因があったのでしょうか。

 状況をうかがいました。エアコンはあるにはあるが、あまり効かない部屋だったそうです。
粉は冷蔵庫に保存したもの。

 いつもの粉だったので、打つ前に、握って確かめなかったようです。

 1.季節の変わり目には、しっかりと、粉の状態を確かめましょう。
  (特に、夏にはです。  冷蔵庫に保存していても、夏は、中の状態は春より湿度が高いのです。
  袋に入れておいたとしても、状態は変化するでしょう。)

 2.握った状態を見て、加水量を加減します。しっとりとしていたら、普段の加水量よりは
 少なめに設定するといいと思います。
  例えば、粉にもよりますが、春先48%で打っていたのが、梅雨の時期には44%、そして、夏には42%と
 どんどん加水率が変化します。

 延ばしやたたみ、切にまで、今までと同じ様子であったが、切り終わって、打ち粉を払う
段階で、オヤッと気付いたようです。
 
 麺と麺がくっついて、上手く離れないのです。

 3.打ち粉の量に問題はなかったでしょうか。
   夏、蕎麦を打つときは、打ち粉の量を普段より多めに使った方が、このようなことは
 起こらないと思います。
 たっぷりと使いましょう。
 
 お話を聞きながら、こんなことを答えました。 


 
 

| | コメント (2)

茨城の魅力発見

 本日、読売朝刊29面の記事。
 ・・「男子ブログ」で茨城の魅力発見・・ の記事が目に留まった。

 こんなブログがアップされていることをついぞ知らないでいた。

 茨城県は確かにPRへただ。札幌に住んでいたころである。札幌の地下鉄の車中、他県の観光のポスターは
よく見かけたが、茨城県のPRポスターはお目にかかったことはなかったのだ。
 
 PR不足ばかりでではないと思うが、茨城県は人気ランキング最下位という不名誉は冠を戴いた。

 最近では、映画やTVの撮影場所に使われるようになって、少しずつ人の関心をとたれるようになってきている
ことはよろこばしいことであるが・・・。

 さてこのブログはというと・・・・・。
 いまさらという感はあるが、「県のイメージアップとインターネットによる情報発信力の強化を図るため」と広報戦略室の男性職員5名が6月15日から開始したという。

 
 月曜は てるぼう 火曜は のりぴー 水曜は もりぞう 木曜は あさきち 金曜は けんぼう という5名で
毎週月曜から金曜まで日替わりで茨城の魅力を紹介している。

 インターネットが市民の間になかなか普及しないといわれたころもあったが、あっという間に、市民の間に
定着して久しい。

 茨城航空は韓国の航空会社と契約、中国の航空会社とも契約を結ぼうとしている。

 おおいにインターネットを活用して、茨城の魅力を全国や世界に発信して欲しいと思う。

 頑張れ! 県広報戦略室 茨城男子ブログ! 
 手前味噌になるが、当店暁山は開店当時から、インターネットで店をPR]してきた。

 地元の方も来てくれるが、東京、千葉、埼玉、福島、京都、山形、静岡等 「ネットで見ました」と
来店してくれるようになっている。

 わざわざ遠いところから、来てくれるのであるから、期待を裏切らないようにと「一期一会」の
心で臨んでいる。

 自分で桃っているところとお客様の受け取った感じは違うものであろうが、とにかく、「日立まで来てよかった!」
「美味しかったよ!」といわれるように、今後も努力していくつもりである。

 

| | コメント (0)

人気の夏メニュー

 先週は土、日曜日ともに、おろしそば、天おろしがよく出ました。

 おろし蕎麦がよく出始めると、夏が来たなーという実感が湧きます。

 先週の土、日は蒸し暑かったので、お客様はさっぱりとしたものが欲しかったのかもしれません。

 おろしに使用している大根は自家栽培の夏大根です。大根の中でも、辛み大根に負けないくらい
辛みが強く、ツーンと鼻に抜ける大根の辛みがたまりません。
Orosi
 鰹の本枯節を削ってかけるので、鰹の香りが立ち上がり、辛み大根の辛味とよく合いますよ。


 おろし蕎麦  850円 

Tenorosi02

 天おろしそば 1100円

| | コメント (2)

ビワジャム作り

 今年もビワがたくさんなりました。

 2010_0705001
 こんな感じでなっています。

2010_0705002
 小鳥が食べないうちにと収穫したビワ。

2010_0702
 皮をむいて、種を取って、更に中の薄い膜を取って小さく砕いておきます。
 (2キロのビワから、約1キロが取れる。)
 土鍋に入れ、弱火に掛けます。
 ゆっくりとかき混ぜながら、30分ほど火を通します。

2010_0705003
  1キロのビワに砂糖を300グラム入れて、さらに、30分火を通します。
 水分がかなりなくなり、いい感じになったところでレモンを絞って火を20分ほど通して完成です。

 梅肉エキスと同じく手間が掛かる仕事ですが、ジャムの中では最高に美味いですね。

 


| | コメント (0)

7月、8月の営業は

 今年は、7月、8月の営業は土、日曜日になります。

 
 家の周りの草刈やら、畑の草取りに精を出しますので、

 金曜日の営業はお休みさせていただきます。

 ごめんなさい。coldsweats02

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »