« 蕎麦の実の甘皮部分でそば湯を作る | トップページ | アクアマリーン ふくしま »

甘皮部分ってどこ 効能は?

 ブログを見ていた読者から、メールをいただきました。

 「甘皮部分ってどこですか?。」との質問でした。

 「以前ブログに詳しくアップしておきましたので、そちらを参考にしてください。」と

 ブログのアドレスを教えました。

 こちら→http://gyouzan.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-4529.html

 蕎麦の実(玄蕎麦)は果皮(ソバガラ)と子実に分けられます。子実には種皮(甘皮)、胚乳、胚芽の3部構成になっていることはよく知られています。

 特に、甘皮部分には、ソバガラのすぐ下にあり、石臼で挽いても、なかなか挽けないで残る部分なのです。

 当店の方法(こちらも以前ブログにアップ)では、この部分を取り出すのは容易になます。

 この甘皮部分は、タンパク質で出来ており、ルチン等が多く含まれます。

 抗酸化作用があるルチンは体にもよく、紫外線から蕎麦の実を守る働きもあります。

 答えはこんなところでしょうか。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

|

« 蕎麦の実の甘皮部分でそば湯を作る | トップページ | アクアマリーン ふくしま »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦の実の甘皮部分でそば湯を作る | トップページ | アクアマリーン ふくしま »