« 茨城王-イバラキング | トップページ | 盛夏去り、酢橘鈴なり »

再び 蕎麦が切れる

 春先に、お越しいただいたお客様が、先週再び訪ねてきました。

 「蕎麦が切れてしまうのですが?。」との質問をした方です。

 「模範打ちのビデオを見て、多少はうまく打てるようになったきたのですが、まだまだです。」とのことでした。

 水回しが重要と聞いて、慎重に行ったのですが?。

 うまく行く場合もありましたが、どうも納得できません。

 「二八で打っておりますが、水回しのほかに、ポイントは何でしょうか。」と、再び、質問をいただきました。

 「では、水回しのおさらいをいたしましょうか。」と私。
 


 1.そば粉は?。
 2.蕎麦粉と小麦粉をを篩いにかけ、よく混ぜましたか。
 3.加水量は適切でした?
 4.時間は、どれくらいでした。

 以上のような質問をしてみました。

 そば粉は新鮮、篩もしっかりしたし、水回しでのそば粉の状況もころころと
纏まったのでうまくいったと思います。

 時間も10分以内でした。

 との答えが返ってきました。

 水回しには、大きな問題はなさそうです。

 延ばし、本延し の段階でしょうか。それとも、切りや茹でのときでしょうか。

 見ていないのでなんとも、言い切れません。

 時間もなかったので、詳しい説明も聞くことができませんでした。

 結局、ここでも、次の 鵜飼名人のビデオ延し編  本延し 切り編 を見てくださいと云って終わりました。
 

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

 

|

« 茨城王-イバラキング | トップページ | 盛夏去り、酢橘鈴なり »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城王-イバラキング | トップページ | 盛夏去り、酢橘鈴なり »