« 畑仕事 大根、にんじんを蒔く | トップページ | 旬の食材を考える。 その2 »

旬の食べ物を考える

 秋刀魚が、すっごく高い。

 秋に入って、今年はサンマが高いとニュースが報じていた。

 日立市内のスーパーでも9月の上旬は一尾500円前後で売っていたので、びっくり!。

 「秋の味覚」の代表格といえば、マツタケと秋刀魚でしょう。

 マツタケは高級食材で高いと相場が決まっているが、秋刀魚は庶民派、100円前後が相場。

 夏の温度上昇の影響で海水が下がらず例年の4割近く減少しているという。

  日本人は、旬を特別な意味を持って食べる。季節を食べるといってもよい。

 季節を食べる、旬を食べる時期は短い。この時期は、値段が高くても仕方ないかと
つぶやきながら、旬を味わうのだが・・・。

 今年は天気も異常、秋刀魚の値段も異常。

 やっと最近になって、スーパーでも100円になってきた。

 秋刀魚などの旬の食材は、新鮮で美味しく、DHAやEPAを多く含み、栄養成分が豊富で、多く市場に出回るので価格も安く庶民にとってはありがたい食材です。

 これからは、美味しい秋刀魚を安心して食べられる。

  

 にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 

|

« 畑仕事 大根、にんじんを蒔く | トップページ | 旬の食材を考える。 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 畑仕事 大根、にんじんを蒔く | トップページ | 旬の食材を考える。 その2 »