« 蕎麦ってなーに? 玄蕎麦の再生 その2 | トップページ | 都合により明日はお休みです。 »

蕎麦ってなーに? 玄蕎麦の再生 その3 美味い蕎麦を打つ

水洗い、陰干しすることによって、玄蕎麦に水分が吸収され、少し芽が動くのでしょう。

 天日干しをする時間にも、神経を使います。

 玄蕎麦に含まれる水分を適切にするには、季節によって、干す時間を変えることが肝心です。

 適切な水分率17%前後はよいといわれておりますが、水分計で図ったのではありませんから、正確なところはわかりません。
 石臼でよく挽ける程度といっておきます。

 石臼で挽いたそば粉はまだ大きな殻が混ざったままです。

 省略した部分は当店のホームページ
で詳しく説明しておりますので、ご覧ください。
 
 甘皮、胚芽、そば殻が交じり合ったものが残りますので、高速ミキサーにかけて粉にします。 写真 ミキサーにかけられた粉
Kona06

 ここの部分を捨てずに挽き入れることが、美味しい蕎麦を打つポイントなのです。

  蕎麦の持っているルチンやビタミンB1、B2が全部といっていいほど挽きこまれるからです。
(ルチンは表層部(甘皮)から取れ、ビタミンB1は胚芽に多く含まれています。とくに、胚芽は水分を一度与えられているので、芽が動きビタミンB1は多くなっていると推定してます。)
 
 この粉とその前に篩っておいた粉をブレンドして、蕎麦を打つのです。

 蕎麦本来の風味のある蕎麦が出来上がります。

 当店の方法は、
二次機能(蕎麦の美味しさ)と一次機能(蕎麦の栄養成分)、三次機能(人の健康にかかわる)を最大限に生かす方法だろうと自負しています。

 蕎麦の一次機能、二次機能、三次機能を調和させて、その機能を最大限に生かすこと。
 蕎麦ってなーに 8シリーズに書きたかった本題でした。

 一口手繰りながら「この蕎麦美味い!」と、口の中一杯の幸せを感じさせる蕎麦を目指したいのです。

 「口福そば」と名付けたいと存知ます。

  当店の蕎麦を一度は食べていただいて、皆様のご評価をお願いしたいと存じます。

 

  蕎麦ってなーに? というシリーズで8回書いてまいりました。

 蕎麦については、打ち方、食べ方、そば湯、そば汁、その他、いろいろな方が薀蓄を語っておりますが、
玄蕎麦の変化を考察したものは少ないと存じます。

 玄蕎麦に加工(変化)を施して、その粉をそば切りにする寒ざらし蕎麦。私の知っている限りでは、この方法ひとつだけです。

 丸抜き実については、すでに立派な研究がなされています。

 丸抜きの実を発芽させて蕎麦を打ちの研究、発芽そば切りとしてお客様に提供しているおお西 店主 大西利光氏を上げることができるでしょう。(詳しくは 発芽そばへの道 川辺書林」)

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村

|

« 蕎麦ってなーに? 玄蕎麦の再生 その2 | トップページ | 都合により明日はお休みです。 »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦ってなーに? 玄蕎麦の再生 その2 | トップページ | 都合により明日はお休みです。 »