« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

浄蓮寺とその渓谷 12月上旬が見頃か

 小雨の平潟港をあとに、北茨城市華川町の浄蓮寺に向かった。

 浄蓮寺は、八葉山遍照寺といい、慈覚大師が858年に開いた寺であるという。Jyouren01

Jyouren02

 浄蓮寺入り口の紅葉は23日現在見頃でしが、渓谷に入ると紅葉はまだ色ずき始めで、見頃は12月上旬かもしれません。
 Jyouren03
 この渓谷には、三十三体観音像がある。作者や年代は不明。写真はその一体。
Jyouren04

 三十三体観音を全部見ようとすると、このような急な坂を登らなければならない。
Jyouren06

 当日は、雨上がりで道が滑っており、十体を拝んで途中で引返してきた。

 次の機会には、三十三体全部拝んでき様と思う。
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

塩屋岬から北茨城浄蓮寺ヘ

 ホテルのチックアウトを済ませ雨のなか塩屋岬に向かう。

 塩屋埼灯台にいく途中の紅葉を見ながらのドライブと洒落込むつもりで会ったが、ちょっと残念。

 県道15号線暫くはしって県道と別れ、江名から海沿いをドライブ。相変わらず雨が強い。

 合磯海水浴場、国立いわき病院の横を過ぎて、ここで、382号線(豊間海水浴場の方)に
ハンドルを切ればよかったのだが、迷って再び15号線に出てしまった。

 遠回りして塩屋岬に入る。海沿いなので風が強い。団体客だろうバスから降りて塩屋埼灯台に
向かったが、風雨が強く、すぐに引き帰ってきた。

 写真を映そうとカメラを構えたが雨で断念する。

 岬を迂回した平豊間港側から、やっと一枚をパチリ。

 Sioya
 
 「雨が止むといいね。紅葉を見るのも難しいかも?。」と心中穏やかならず。

 15号線から、48号線を湯本方面に、途中から、国道6号線で北茨城へ向かった。

 妻が一度も見ていないという平潟港に立ち寄る。この辺から、小雨になってきた。
 Hirakata

 この調子だと、紅葉見物ができそう浄蓮寺を目指した。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!


 

 


 

 

| | コメント (2)

庭の紅葉も見納め

 
 本日も、紅葉を観てきたというお客様の話を聞いた。

 県北の紅葉も最終に近づいてきているという。

 我が庭の紅葉もいよいよ見納めだ。上の方が散りかけている。
Momiji03
 山もみじが、朝日に生えて美しい。これも、来週いっぱいだろう。

Momiji04

 これからの茨城県北の紅葉を見ようとするならば、北茨城市の浄蓮寺から入る渓谷が
12月上旬に見頃を迎えるであろう。

 この場所が最後の紅葉の魅せ場になる。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

 リゾートホテルで一泊

 阿弥陀堂での紅葉を楽しんだ後、小雨の中、海辺のホテル みさきプレステージリゾートへ。

 予定より少し遅れて、チェックインする。
 
 「いい夫婦の日の記念です。記念写真をおとりいたします。」とフロントで言われて
イルミネーションツリーの前でパチリ。いい記念になりました。心遣いに感謝です。
Kinen
 夕食前に、ひと浴びしようと3階の展望大浴場温泉に入る。
 
 泉質は『ナトリウム塩化物強塩泉』神経痛・筋肉痛などに効果があるそうです。

 夕食は6時。

 記念日のお祝いと、ホテルからハーフシャンパンのプレゼント。これも嬉しい心遣いであった。

 夕食は会席コースが提供された。アワビの踊り食いが心に残る。

  翌朝は雨風強く荒れ模様になった。

 Hotel

 太平洋を一望することができ、朝日を見ることもできます。という案内で会ったが、残念。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

いい夫婦の日 11月22日 いわきへ

  しばらく前にこと。 「いい夫婦の日ってのあるんだ!」と思わず口に出た。

  知ったのはじゃらんネットからのメール。

 妻には、苦労と心配ばかりかけどうしで、何もしてやれずに日々過ごしてしまっているのでと
「いい夫婦の日」観光ガイドで紹介された記事に触発されて、早速申し込んだ。

 いわき市の海辺のホテル みさきプレステージリゾート ホテルであった。

 天候不安の中、22日午後1時に出発。

 北茨城を過ぎ、勿来に入ったあたりから、ぽつぽつときた。

 「ちょっとまずいなー!」と妻に話しかける。

 これでは、観光名所もむりかなと思いながら、雨が降らないことを願ってハンドルをさらに北へ。

 3時過ぎに湯本を通過。内郷駅手前より左に入る。常磐線上陸橋を渡り、はしること5分で目指す

 白水阿弥陀堂に到着。
Fukusima01
 平泉の中尊寺金色堂を模した優雅な建物で阿弥陀堂建築の代表的な例と紹介されていた。
平安時代に建立されたと考えられており、福島県唯一の国宝建造物に指定されている。
Fukusima02

 水面に映る紅葉の赤や黄色、お堂は極楽浄土を思わせる雰囲気があります。残念ながら、到着時刻が
おそく、お堂内部は3時15分で締め切りで、見学できませんでした。
 
 受付の方から、池の周りを一周出来ますよと云われ、一周す。夕暮れどきで、鴨が首を羽根の
中に入れて、もう寝る体制の光景が可愛らしい。
Fukusima03

 池の南側には古代蓮の群生。8月には花が見事に咲くという。

 また、この時期に再訪をと願いお堂を後に小名浜のホテルに向かった。
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

日曜日 紅葉は今が見頃か

 日立は、紅葉の名所はないが、この近く 高萩市大能(たかはぎしおおの) に 花貫渓谷というは素晴らしい
紅葉の名所がある。

 名前が似ていてまぎらわしいが 北茨城市華川町花園  に  花園渓谷というこちらも
今が紅葉の盛りらしい。

 昨日は、紅葉を鑑賞しての帰り、立ち寄ってくれたお客様で、先週に引き続いて賑わいをみせた。

 東京、福島、つくば、土浦、大宮、ひたちなか、地元の方々と、いろいろなお客様に出会いもした。

 忙しい時間帯は、お客様と話もできないが、少し手が開く時があると会話もできて
旅先での話など聴く事もできた。

 朝早くからの仕込みで、疲れたが、お客様との楽しい時間もあったので
疲れも感じなかった。

 遠方からお越しいただきありがとうございました。対応できなかったお客様には
申し訳ありませんでした。


 にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

 

 

 

| | コメント (0)

谷中散策

 静岡から、東京へ向かう新幹線の中でのこと。

 東京駅到着が12時過ぎになるんで、昼食は東京で食べようかと妻に相談。

 寿司もいいし、うなぎもと「東京下町うまいもん」というガイドブックを見て悩む。
 
 優柔不断の私が迷っていると、妻が「昨日は寿司だったので、寿しはいやーよ。」という。

 「じゃ! 浅草でうなぎでも食べよう。」と私。

 これで決まりと、そのときは思っていた。

 上野駅で荷物を預けて、浅草へと考えているとき、妻が「今日は、お散歩日和ね!。」と一言。

 この一言で、「ちい散歩」で見て一度は行ってみたいと思っていた谷中を思い出す。

 急遽、谷中へ。・・なんとも 優柔不断 ・・・

 日暮里駅で下り手荷物を預けようとするが、駅の手荷物ロッカーはいっぱい。

 駅員さん聞いた外部の手荷物ロッカーをさがすが、なかなか辿りつかない。やっとのこと見つける。

 駅に、もう少し多めにロッカーを設置して欲しいものである。

 地図を頼りに、谷中へ。
 Yanaka03

 御殿坂を抜けて、夕焼けだんだん坂。
Yanaka01

 谷中銀座をぶらりぶらり。

 気になるお店を発見・・やなかのしっぽや・・という。「どうして店名が しっぽや?」とお店の方に聞くと

 「谷中には、猫が多いですから。」との答え。
Yanaka02

 おいしそうなので揚げたてだというシナモン入りのしっぽを買う。

 シナモンの薫りと程よい甘み。一口目サック、噛むとしっとりとしていて美味しいものだ。

 しばらく散策を楽しむ。

 おなかがすいてきたので、ガイドブックに乗っていたタンシチューの店 筆や へ。

  ガイドブック頼りで、なかなか判らず。通りがかりの人に聞く。

 この近辺からだとわかりずらいかもしれませんとの答えが返ってきた。

 はじめての場所は、土地勘がなく迷ってしまう。

 谷中銀座をブラつく前に、日暮里駅南口から出て、さくら並木を通り抜けるとすぐわかる場所にあったが
 Yanaka06


 私たちは蛍坂、築坂と登り辿り着くという変なコースを歩いてしまった。

 たんシチューはなく、ビーフシチューを美味しく頂いた。
 Yanaka04

 帰り道は桜並木通りを通って駅へ向かった。

 途中に、日立市と大いに関係深い 日立製作所創業者 小平浪平氏 のお墓が
谷中の墓地に発見。
Yanaka05


 ここに眠っていたいたのである。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

 
 

 

| | コメント (0)

 「 SL」の旅を楽しもう!! in 大井川鉄道 その4

 大井川鉄道の最終地 千頭に13時13分に到着す。

 1時間20分の旅でした。

 SLを降りてモクモクと煙を上げているSLの前で記念写真をする人々を横目に

 改札口をでる。

 帰りの出発時間14時58分までは、自由時間である。

 お土産をかう人、音戯の里に向かう人、大井川に架かる吊り橋を見に行く人といろいろであった。

 私は川根大橋のたもとまでぶらりぶらりと散策す。
Kawanehasi
歩くのが苦手な私はここまで。

 引き返して妻と妻の従姉と合流して、おみやげ屋に向かう。
Masako01

 帰りのSLの前でパチリ。
Masako02

 帰りのSLは南アルプス号はC11型 190号機である。
Sl04

 帰りの列車が、またまた、ガッタン ゴットン ポッポーと走り出した。昔乗った懐かしい三等列車の車内はには
煙草入れが窓際に設置されている。
 Syouko01

当然であるが今は車中禁煙である。

 窓の外を流れくる景色は紅葉が始まり美しいのであるが、車中の皆さんは、歌に夢中。

 歌に合わせてのゼスチャー入りと熱気ムンムンであった。
  
 スタッフが参加者を促し、歌のリクエストも受け付けた。

 私などは「雪山讃歌」と「トロイカ」ぐらいしか知らないのだが、松永氏は、どのようなリクエスト曲でもこなしてしまう。Yosio02

 スタッフのリードも上手であり、楽しいSLの旅になった。

 行き帰りと合わせて2時間、アコーデオンを弾きっぱなしの松永氏、お疲れ様でした。お礼を申し上げます。

 そして、大いに車中を盛り上げてくださったスタッフの皆様にも感謝いたします。

 また全国から参加の皆様もたのしい歌を聞かせてくださってありがとう御座いました。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

 


| | コメント (0)

 「 SL」の旅を楽しもう!! in 大井川鉄道 その3

 旧東海道金谷石畳道を見学して、急いで金谷駅に戻る。

 煙を黙々と吐く懐かしいSLの姿が見え隠れする。

 出発は11時48分である。
Sl03

 私がSLに乗ったのは20代、かれこれもう40数年前になる。

 一輛分レクリエーション大会に用意されていた車両に、思い出に浸りながら乗車。
 
 車両に入った瞬間から、レトロな空間にツアー客の皆さんも魅了されているようだ。

 列車が動き出した。ポポー ガタンゴトン ポッポー 昔の感覚が蘇ってくる。

Sl01_2
 
大井川鉄道にはSLおじさん・SLおばさんという名物車掌さんがいる。

 SLおばさんの案内から、始まった。この列車かわね路号は七両編成なので、一般のお客様にもSLの旅がわかるよう案内をしているそうだ。

 案内を聴きながら、昼食する。
Slbentou(全国レクリエーション大会用弁当)

 案内が終わると、いよいよ松永氏のアコーデオン演奏に合わせてで「SL 山の歌」が始まった。
Yosio01

 用意された歌は46曲。

 みんな元気に合唱。音痴の私も皆んなにつられて歌う。

 1車両70名の熱気がすごい。松永氏も熱が入る。

 みんなを盛り上げようと十数キロのアコーデオンを約1時間弾きッぱなしだ。

 この熱意には頭が下がるおもいであった。

  アコーデオンでどんな曲でも弾いてしまう松永好夫氏を紹介します。
 昭和38年に結成された静岡パパさんコーラス常任指揮者です。

詳しくは パパさんコーラスのホームページ を見てください。
 


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!


 

 


 

 

 

| | コメント (0)

本日は久しぶりに超満員

 年に何回もないのですが、今日は超満員です。

昨日、本日と常陸太田市で新そば祭りが開催されている影響があるのでしょうか。

 フリーのお客様は、受付が難しいと思います。

 本日のそば粉が少なくなったため、昨日は、夕方から夜にかけて玄蕎麦を挽いてました。

 玄蕎麦から粉を作るというのは、なかなかの作業になりますが、お客様に美味しい蕎麦を
提供するには、この方法が一番だと思っております。
 
 今からそば打ちです。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!


 

| | コメント (2)

庭の紅葉と菊 見頃

 庭の紅葉は見頃です。
Momiji01


Momiji02

 晩秋の庭には、もみじと菊が似合いです。
Kiku

 ウメモドキも真っ赤な実をつけました
Modoki

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

 「 SL」の旅を楽しもう!! in 大井川鉄道 その2

 出発時間まで40分ぐらいあったろうか。

 せっかく金谷まで来たのだから、じっと待っているのも・・・と思い

 駅前の案内所に飛び込んだ。

 近くに、旧東海道金谷宿石畳の道があるらしい。

 妻に「近いので一緒に行く?。」と誘ったら

 「行きましょうか。」との返事。

 東海道線の線路の下を通り抜けると0.6キロとの道表示があっった。

 思ったより急勾配の道になった。妻はキツイのでと引き返した。
Isitatami05

 男の足でも、なかなかしんどい。しばらく登っていくと、街道に突き当たった。

 目に留った大きな看板。
Isitatami01

 やっとたどり着いたという感じになった、一息。

 旧東海道石畳道。

 ここからも、急な坂が続く。昔の人の旅は大変だったと思う。
Isitatami02
入り口近くに、蕎麦屋があったので、パチリ!。と撮影して、時間も少なくなってきたので
急いで金谷駅に向かった。
Isitatami03

 いよいよ大井川鉄道SLの旅が始まる。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

 

| | コメント (0)

 「 SL」の旅を楽しもう!! in 大井川鉄道 その1

 全国レクリエーション大会 in 静岡 の一環として、

 「山の歌をうたいながら SLの旅を楽しもう!!」という行事が11月7日に行われた。

 10月、静岡に行った折、妻の従兄にあたる松永好夫氏に「大井川鉄道SLの旅を楽しもうという
模様しものがあるよ!。」

 「アコーディオンの演奏者として私も参加するよ。どうーお!」誘われて

 妻と「エー本当! 行ってみようか。」とその時、早々に参加の旨を伝えた。

 数日して、案内状が届いた。封を開けると

 紅葉始まる大井川鉄道沿線を眺めながら

昭和の客車が「歌声トレイン」に早変わり、

松永好夫氏の奏でるアコーディオンの

伴奏で、気持ちよく大きな声で

「山の歌」を楽しみましょう。

 のキャッチフレーズが躍っていた。

 よく確かめると全国レクリエーション大会は、毎年、どこかの都道府県で開催されるのだそうだ。


  全国レクリエーション大会の目 的は
 
 「生涯を通して楽しみ、喜びを味わえるレクリエーション活動を体験し、全国からの参加者と県民の交流を図るとともに、今後の生涯スポーツ・生涯学習の振興とレクリエーション運動の活性化に資することを目的とする。」


 とうたっている。

 
 この案内文を読むまで、このような模様しものがあることを知らないでいた。

 日常はもう少し視野を広く持って、過ごしたいものである。

 全国的な行事とあって、いろいろな方が北は北海道から南は九州からと参加していた。

 静岡を代表するインターテナー松永氏のアコーディオンに合わせての合唱は

大変楽しいものであった。

 合唱など何十年かぶりかで、音痴の私でもみんなと歌うとなんとか歌えるのものである。

 車中の様子は次回に報告します。
 
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

お客様からくり茸を戴く

 春の頃だったであろうか、O氏が「この方はきのこ採り名人ですよ。」と紹介してくださった
お客様がS氏であった。

 私が小さかった昭和20年代はこの辺の裏山では、松林の中にはハツタケやアミタケがよく出たものである。
運が良ければ、松茸もとれたものである。

 最近は、全くキノコは姿を見せない。

 「秋になったら、キノコを採ってきます。」とS氏が言った。

 先日、O氏、S氏、ご婦人方とお店に見えたとき、「これお土産!。」と頂いたのが、天然ものの
アミタケであった。

 アミタケは初秋に出るきのこである。


 何十年かぶりに、独特の風味とぬるっとした舌触りのアミタケを美味しく味わった。
 
 なんと、今日は、クリタケを持ってきてくれた。

 このキノコは、今頃、晩秋に出る。
Kuritake

 さすがに、きのこ採り名人である。出る場所や時期を的確に判断しているのだ。

 熱々のきのこ汁を作り、太めのそばを入れてお出しした。

 大好評であった。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

植木の剪定作業

 最近は、時間がある時は、植木の剪定作業をやっている。

 今日は、枝垂れ桃の剪定というか、枝落としをやった。

 春先に真っ白いきれいな花が咲く枝垂れ桃である。

 ここ数年枝落とし作業を行っていなかったので、時間がかかってしまった。
Momo01(写真1は一部切り落としたところ)
Momo02>(写真2は切り落とした枝)

 なんとかスッキリとした姿になった。
Momo03
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

いよいよ紅葉の季節到来

 茨城県北はいよいよ紅葉の季節到来です。

 この近辺には、高萩市の花貫渓谷が紅葉の名所です。

 汐見滝吊り橋付近のモミジは11月中旬には素晴らしい紅葉を見せてくれます。

 北茨城市の花園渓谷もまた素晴らしい。

 当店のにわもいよいよモミジが色ずき始めました。
Aki01

晩秋は、菊の季節でもあります。
Aki02


Aki03

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »