« 植木の剪定作業 | トップページ |  「 SL」の旅を楽しもう!! in 大井川鉄道 その1 »

お客様からくり茸を戴く

 春の頃だったであろうか、O氏が「この方はきのこ採り名人ですよ。」と紹介してくださった
お客様がS氏であった。

 私が小さかった昭和20年代はこの辺の裏山では、松林の中にはハツタケやアミタケがよく出たものである。
運が良ければ、松茸もとれたものである。

 最近は、全くキノコは姿を見せない。

 「秋になったら、キノコを採ってきます。」とS氏が言った。

 先日、O氏、S氏、ご婦人方とお店に見えたとき、「これお土産!。」と頂いたのが、天然ものの
アミタケであった。

 アミタケは初秋に出るきのこである。


 何十年かぶりに、独特の風味とぬるっとした舌触りのアミタケを美味しく味わった。
 
 なんと、今日は、クリタケを持ってきてくれた。

 このキノコは、今頃、晩秋に出る。
Kuritake

 さすがに、きのこ採り名人である。出る場所や時期を的確に判断しているのだ。

 熱々のきのこ汁を作り、太めのそばを入れてお出しした。

 大好評であった。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村
 ランキングはアップしたり、時にはダウンしたりしてます。応援を宜しく!

|

« 植木の剪定作業 | トップページ |  「 SL」の旅を楽しもう!! in 大井川鉄道 その1 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 植木の剪定作業 | トップページ |  「 SL」の旅を楽しもう!! in 大井川鉄道 その1 »