« 石臼の改良 続き | トップページ | 石臼の改良 最終報告 辛汁さんに感謝 »

新メニュー 熱々海老天蕎麦

 昨年12月のブログに温かい蕎麦について書いておりました。
 
 この記事を読んだお客様が「ふう ふう」と熱々の蕎麦が食べたいと電話をしてきました。

 そのときは、まだ準備中で、お出しできなかったのですが、2月に入り
やっと完成いたしました。

 蕎麦屋定番の海老天蕎麦をお出しすることにいたしました。

  種物の難しさは、熱々の蕎麦汁に負けないように蕎麦のゆで方にも神経を使います。温蕎麦だからと言って、ふにゃーとした蕎麦はいただけませんね。

 蕎麦の腰を残すため茹で時間を少なめにすることがポイントのようです。

 もうひとつのポイントは、天ぷらについてです。ご承知のように、蕎麦屋の天ぷらは海老に衣を多めにつけて、さらに花を咲かせて揚げます。

 そば汁が衣に沁みて独特のコックリ感をだすようにいたします。

 熱々のそば汁にも神経を使います。ほんのり甘めですっきりとした旨さが出るように仕上げていきます。

 返しとだし汁のバランスが難しい。

Atuatuebiten

 試行錯誤を繰り返して完成した海老天蕎麦です。

 温かいそばをご注文のお客様にも対応できるようになりました。

 

 

 

 

|

« 石臼の改良 続き | トップページ | 石臼の改良 最終報告 辛汁さんに感謝 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石臼の改良 続き | トップページ | 石臼の改良 最終報告 辛汁さんに感謝 »