« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

日立発明るい話題 大震災後16日ライオンの赤ちゃん誕生

  当店から車で5分以内の処にかみね動物園がある。

本日の朝のNHKでも「明るい話題」として取り上げ放映しておりましたが、

 日立市かみね動物園で大震災後、3月16日に三匹のライオンの赤ちゃんが誕生いたしました。

 東北・関東大地震の復興を願い、また被災地を元気にしたいと「きぼう、ゆめ、はる」と

 命名したということです。

 生まれたときは、1400~1600グラムだったそうですが、今は3000グラムを越えたそうです。

 そろそろ小さなお子さんには抱きかかえるには大きいかもしれません。

 毎週 土・日曜日 午前11時と」午後2時に公開、直接触れたり、一緒に写真を撮ったり

 出来るそうです。

 27日 読売新聞朝刊 茨城版 にも以下のような紹介記事が出ております。
Rion


| | コメント (0)

26日より営業を開始します。 売り上げ金を寄付したい

東北関東大地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 また、この災害でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。


 多くの方がボランティア支援を行っておりますし、義援金の救援活動も行われております。

  先日、俳優渡辺謙氏と放送作家小山薫堂氏が立ち上げたというホームページKizuna311はkizuna(絆)という日本語に共感する方々のメッセージが多く寄せられております。

 勿論私も賛同するものの一人です。

 早速、郵便局から少ないながら義援金を日本赤十字社あてに送金いたしました。これからも、


   皆様から頂く売上げ金の中から被災者への義援金として寄付したいと考えております。

 なお、蕎麦を打つ水には、地下水を使用しておりますのでご安心ください。


 

| | コメント (0)

大災害に対して何が出来るのだろうか。

 毎日、朝はNHKの「あさイチ」を見ております。

 11日の東北・関東大地震をテーマとして14日からテーマを変更しての緊急放送です。

 メインキャスターは井ノ原快彦,有働由美子,柳澤秀夫の各氏です。

 いつもの笑顔は消えて、悲痛ささへ漂っていますが、ゲストへの適確な質問は
災害を乗り越えてほしいという心からの応援メッセージとしての力強さが感じました。

21日のテーマは

 1.被災地の物資不足の原因と今後の見通し 
 2.今、私たちに何ができるのか
 テーマでした。

 NHKのTV放送を見ながら、何が出来るのだろうか。

 自問自答しております。

 義捐金の寄付も考えられますし、食料や毛布などの緊急物資を送ることも考えられます。

 私が住んでいる日立もこの大地震で被害を受けました。

 地震と津波による家屋被災状況は全壊35、半壊50、床上浸水556でした。

 東北にも関東地方にも小さな善意をどう届けることが出来るのか
しっかりと考えて答えを出したいと思います。

| | コメント (0)

日立市の大地震による被害状況・・日立市HP発表による

 前回もアップいたしましたが、日立市の被害は日立市災害対策本部から、毎日報告されております。

 日立市のホームページトップを
見ると日立市の被害の修復がかなり進んでおるようです。

 交通止めが、地震発生当初(12日発表)は8箇所あったのが、本日午前1時44分発表の報告によると
全面通行止め箇所(3/20(日) 午後6時30分現在)は以下の2箇所になっております。

・滑川丘通り 滑川十文字南側・・・・・・・・・・・・・ ブロック積の崩壊
・県道十王里美線(座禅山工業団地前〜県道日立いわき線交差点)・・路面状況により・・第1報には記載なし

 家屋の被害も大きいようです。
・津波による家屋被災状況(全壊35、半壊50、床上浸水556)(3/13(日)午後9時まで)

 避難している方も(3/20(日)午後8時の状況)で
・市内公共施設(小中学校等)11箇所の避難者数469人

 との発表がありました。

 田尻町2丁目は全てのライフラインは復帰いたしておりますが、日立市の中には、まだ
水道は復帰していない箇所もあるとのことです。

 不便でしょうがもう少しの辛抱です。がんばってください。

 
 常磐線は上野~土浦駅間では運転できておりますが、土浦駅〜仙台駅間で運転見合せです。
 水戸~勝田間がレールの陥没や大きく曲がっていることが原因で復旧には時間がかかりそうです。

 この間は 茨城交通~日立電鉄 協力で
 
 水戸駅南口8番~日立駅中央口3番

 常磐高速道路 21日(月)午前10時 水戸〜いわき勿来間の通行止めを解除予定とのことです。

21日12時 NHK発表 水戸〜いわき勿来間 開通とのこと。

 段々に回復していることがわかります。

 

 

| | コメント (0)

日立市 東北関東大地震緊急情報

 東北関東大地震で被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。

また、この災害でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 

東北関東大地震に襲われた11日午後2時46分より、日立市も全てのライフラインを奪われた。

 今どうなっているのか皆目わからない。Vもネットもだめ。情報が入らない。

 唯一、情報は携帯ラジオで聞く茨城放送あった。

 茨城県が大被害と思っていたが、東北が凄いことになっているらしい。時間が経つにつれ
茨城各地の被害情報が入ってくる。

 たいがいの町でライフラインがストップ。夕方の食事の水に困るだろうと水の供給情報が
数箇所の市から発表されるが、日立の情報がこの日は届かなかった。

 放送機関との緊急時のホットラインがないものかと気をもむ。

 12日、朝になってやっと日立の情報らしきものが携帯ラジオから入ってきた。

 日立市のホームページに12日付けで日立市災害対策本部から被害情報が発表されるが
電気が通じなくパソコンも使えないのでこれを見ることが出来ない。

 じりじりとした時間が過ぎる。

 13日正午現在 災害対策本部から第2報発表。

 午前11時31分市南部地域から順次通電中とのことを後で知る。

 田尻町の電気の復帰は夜9時50分であった。やっと、TVで情報が得られた。
NHKとJWAYを交互に見る。JWAYでは災害対策本部の状況が写り、小川副市長の
談話があった。

 日立市の災害対策に不安があったが、少し安心した。

 14日 災害対策本部から第3報発表。

 市の職員各位のご努力で、その後、第4報から第8報が次々と発表される。

 田尻地区は16日、都市ガスが通じた。ライフラインの二つが復帰した。

 本日19日は、十王浄水場の水道の通水試験があるとのこと。

 これが復帰すれば、ライフラインが整う。水道局の皆様もう少しです。がんばってください。

 日立市災害対策本部の職員の方々はこの大災害の中で大変なご苦労をしていたのだと
推察されます。
 ありがとうございます。

 また、復旧に携わった東京電力、東京ガスの職員のご苦労にの感謝いたします。

 日立は東北地方の被害よりは、亡くなった方もなく不幸中の幸いでした。

 でも、避難を余儀なくされた方がおります。もう少しの辛抱です。がんばって!

 我が家に被害は、前回も書きましたが、蔵の一部が破損しました。

 昨日お墓を見に行ってきました。単独の古いお墓なのでこの中の3基が倒れておりました。
Haka

 落ち着いたら、直すことにいたします。
 
 日立市の緊急情報

 時折、強い余震があります。危険な場所には近づかないようにいたしましょう。

 

 


| | コメント (0)

東北・関東大地震に伴う日立市のライフライン 日立電線日高工場で給水に感謝

 13日夜10時に、やっと電気が通じた。

 昨夜(16日)は都市ガスが通じた。昨年までは、プロパンガスだったので

 そのままであったならば、煮炊きは不便さはなかったのだろう。

 
 毎日JPによると「東京ガスは日立市内の約3万戸のうち、16日午後6時現在、8503戸が復旧。」と
あった。

 日立市の水道は16日.17日に試験通水を行ったのは市の南部地域(久慈町・おおみか町から中丸団地あたり)である。

 日立市の水道系は森山浄水場から水道水を供給する方法と十王川を水源とした十王浄水場から水道水を供給 する2系統ある。

 森山浄水場のを優先した理由は、市からの発表がないので判らないが、いずれにしても

 もうすぐ水道が利用できることは喜ばしいことである。

 私に家でも、飲み水を補給するのに苦労をしていた。

 国道6号線からゆりの木通りに入り、車を走しらせていた処、偶然通りかかった
日立電線日高工場の東門で飲料水を配給していた。

 地域の皆さんが飲み水に困っているのだろうとの配慮での無償の行為である。

 本当に助かった。ペットボトル6本に40リッター容器1つに満タンにしていただいた。

 給水してくれたスタッフのジャージには日立電線ブルドッグス55、そして34の

番号が入っていた。
 
 お名前は判らないが、このブログで感謝の念を表したい。

 ありがとうございました。

 

 

 

  

| | コメント (0)

日立市 未だ水道・ガスは不通 東日本巨大地震

 3 月 11 日午後 2 時 46 分ごろでした。ゴーガタガタと突然家が揺れ始めました。

 「地震だー 早く外へ!」と妻と一緒に飛び出した。

 あまりのすごさに妻は私にすがりつく。 庭に止めていた車が大きく横に揺れ浮く。

 家全体揺れ動くが瓦は落ちてこなかった。明治初期に建てられた古い蔵が心配になったが
どうすることも出来ないで見つめるのみ。

 揺れが少し収まったので、蔵を見に行く。倒れはしなかったが、数箇所破損箇所があった。

Jisin03

 この時点から、ライフラインはストップ。

 戦時中のような生活が始まった。11日の夜は、ろうそくですごす。
寒いので、炭火で暖を取る。

 Jisin04

 13日夜10時に、やっと電気が通じた。これまでは携帯ラジオで
情報を得ていた。

 TVに画面を見て、なんともすごい情景が写っていた。

 マグニチュード 9.0 を記録した地震の猛威である。

 東北地方の町が一瞬でなくなったという。昨日は外国の救援隊が到着したとTVが報じている。

 一刻も早く多くの人が救出されることを祈るのみ。

 

| | コメント (0)

土・日は臨時休業でした。

 本日午後9時50分にやっと電気が通じました

 ライフラインの1つです。水道、ガスはまだ通じておりません。

 もぷ少し時間がかかりそうです。

 そんなわけで、週末は営業することが出来ませんでした。

 それにしても、今回の地震はとてつもなく大きかったです。

 外に飛び出してあまりにも激しく揺れるので家が壊滅するかと思いましたが、
何とか無事でした。

 そのときは、茨城が一番被害が大きいかなと思っていました。

 すぐに、電気や水道、ガスがストップ。

 情報が入ってこなくなりました。携帯ラジオを見つけ出して茨城放送を聴いて
東北地方が甚大な被害があったときき、愕然といたしました。

 復興することを祈るのみです。

| | コメント (3)

転勤の季節

 昨日は、日立も春の雪化粧でした。

 日立では、今の時期の雪は珍しい。
 
 一昨日、長年来て頂いているお客様に「今月、転勤になるんですよ。」と

 伝えられた。

 ご夫婦でわざわざ電車で来て
 必ず、そば前を召し上がってから蕎麦を手繰る当店においては数少ないお客様でした。

  「寂しくなりますね。お酒選びにも気合が入りませんよ。」と私。

 酒を召し上がるお客様がいるから、「次はこのお酒を飲んでもらおう。」と
美味しいといわれるお酒を全国から取り寄せている。

 最初来た当時は歩き始めた頃だったお子さんも3歳になった。
しっかりと受け応えだ出来るようになっていたので、成長を楽しみにしていたので
会えなくなると思うと寂しさがつのる。

 「いつまでもお元気で!。」とわたし。

  

 

 

 

 

| | コメント (4)

先週は鴨南せろと海老天蕎麦が好調

 先週土・日は鴨南せろと海老天蕎麦がよく出ました。

 遠方よりお越しいただいたお客様も海老天蕎麦と鴨南せいろをご注文。

 温蕎麦は、熱々なので麺が負けないようにすこし太目。茹で上げはこちらもすこし早いタイミングで。

 どんぶりも直前まで熱湯に浸けておきます。これに、よく水ですすぎ、締め、更に
熱湯に通した麺に沸かしておいたそば汁をかけ、海老と春菊の天ぷらを乗せて
出来上がり。

 お客様の手元に行くまで麺が延びずに熱々でをモットーに!。と妻と阿吽の
呼吸で作ります。
 Ebiten02_3

 「はるばる来た甲斐があった。」とのコメントを残していただきました。

 ありがとうございました。

 手前味噌ですが、自家製粉のそばも好評です。
Kofuku06_2

 「しっかりしていて腰がありますね。」との評価をいただきました。


 京都の辛汁さんから譲り受けた電動石臼のお陰です。

 週末、楽しみが一つ増えました。
 

 

| | コメント (0)

今年初めての金曜日営業

 先週、木曜日のことです。

 毎週来てくれているお客様より
 「金曜日7名でお願いします。」との電話あり。

 2月一杯、金曜日休みにしておりましたが、仲間の皆さんとのお食事会とのこと
断るわけにはいきません。

 と 云うことで、今年初めて金曜日の営業をいたしました。

 皆さんはスポーツ仲間なようで、話が盛り上がっておりました。

 皆さんが召し上がったのは、天ぷらの盛合せと全て鴨南せいろでした。
Tennroriawase
(写真は天ぷら盛合せ 600円)
 1月、2月は、裏山の竹の伐採が予定に入っておりまして、天候が良い日は
毎日、」妻と二人で竹を伐採しております。

 傾斜のきついところもあり、なかなか骨のいる仕事です。

 数時間も仕事をするともうぐったりとします。危険な場所が多いので、切るときには
しっかりとロープで縛って、方向性を定めてきります。

 以前、誤って切った竹を足の甲に落として十数針縫う大怪我をしたことがあります。

 作業は慎重にならざるをいません。

 今月もう少しこの作業が続きそうです。

 

 

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »