« 大震災後の国会の対応は? 被災地は困惑と怒り そんな中で | トップページ | 石臼の掃除 »

そば汁の美味しさと切れについて

 蕎麦を摘んで、そば汁にちょっと浸けズズッと手繰る。鼻に抜けるそばの微かな香りが心地よい。
美味いそばだ!。このツユも妙にキレがいいなあ、と感心する。

 そば好きの貴方なら、きっとこんな経験をしたことはあると思われます。

 蕎麦といえば、そば前、そう日本酒ですよ!。

 最近の日本酒は本当に美味くなってますね。

 すっきり辛口、何杯飲んでも飽きないおいしさ。「キレのいい日本酒」というようです。
Kirakucho(最近飲んだ酒では喜楽長 純米殻口)

 しかし「コクがあるのに切れがいい」日本酒もあります。いずれにしても、呑んだ後に食べ物の味を

邪魔しないとも申しましょうか、雑味が残らないことのようです。

 当店のそばツユの元になる返しは醤油1リットルに対して砂糖160グラム、みりん180ccで作っ

ております。
 2ヶ月から3が月寝かしてから、返し1に対してだし汁3と割ります。

 切れのあるそば汁を作るために、いろいろと研究しておりますが、美味しいそばを作ることと同様に

なかなか難しく満足することがありません。

 旨みなどが、蕎麦の方へ上手く絡み付いて、手繰り込むと、ツユの個性がちゃんとあるのに、蕎麦の

味を邪魔しない、そして、ツユの味が口の中に残ることなくすっと切れるようなそば汁を目指している

のですが・・・。

|

« 大震災後の国会の対応は? 被災地は困惑と怒り そんな中で | トップページ | 石臼の掃除 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大震災後の国会の対応は? 被災地は困惑と怒り そんな中で | トップページ | 石臼の掃除 »