« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

金曜日は美味しい蕎麦汁作り

 「地方の蕎麦屋に行ったのですが、蕎麦は美味しかったのですが、ちょっと蕎麦汁がいまいち。」という経験はないでしょうか。

 どんなに美味しいそばも、そばに合う美味しい汁がなければ美味しくいただくことはできません。

 当店は、営業日の前日に作ります。現在は、営業日が土・日ですので、本日になります。

 蕎麦汁を作るには、まず、かえしを作っておきます。当店のかえしの作り方は、以前こちらにアップしておきましたのでご笑覧を!。http://gyouzan.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-35e5.html
 
 「かえし」は、そば汁以外にも煮物などにも使うことが出来ますのでとても便利です。私はかえしを数
本の一升瓶に入れて三ヶ月間保存するしてから使います。

 だし汁の作り方は1500CCの水に昆布12gをいれ、約半日そのままにしてから弱火で10分間煮ます。
Sobatuyu04昆布を取り出しておきます。
 次に、鰹粗削り節を65g用意。
Sobatuyu01

血合の部分を丁寧に切り取ります。これは、蕎麦汁の生臭さを残さないためです。Sobatuyu02

Sobatuyu03

 かつおの荒削り節を投入して強火で、約10分間煮立てます。
 泡が出てきますので、これを丁寧に掬い取り出します。
Sobatuyu05
Sobatuyu06

 このだし汁と返しを3対1の割合で合わせて蕎麦汁の出来上がりです。

 ちっと手間がかかりますが、皆さんも作ってはいかがでしょうか。市販されている汁とはまったく違

うはずです。
 
 市販のそば汁は、塩分も多めに設定されておりますし、昆布や鰹節(さばぶしなどの代用もあり)は少なめで、保存料を入れて長期

保存に耐えるように作られております。

| | コメント (0)

草刈り

 今日の日立は珍しく涼しかった。

 21度。びっくりだ!。

 暑さでまいっていた体が元気よく反応した。

 「よし 草刈をやろう!。」

 夏草は刈っても刈っても生えてくる。嫌になってしまうのだが・・・。

 刈らなければ、草屋敷になってしまう。

 草刈機を用意して、午前中、草刈り2時間。木の剪定1時間の作業。

 午後、草刈り1時間、木の剪定1時間の作業をこなした。

 涼しかったので、あまり汗もかかなかった。

 明日も、このような天気だと作業がはかどるのであるが・・・どうだろうか。

| | コメント (0)

やったー 勝ったー なでしこジャパン 有難う!

 「やったー 勝ったー なでしこジャパン !」 ドイツ フランクフルトでおこなわれた決勝戦。アメリカを破りとうとう念願の女子サッカー世界一。

 早朝の3時半から、日本中がテレビにかじりついていたと思われる。前半の45分はアメリカが優勢であったが、お互い譲れる0対0で折り返した。

 後半24分スペードのあるモーガンにゴールをゆるした。「やっぱりアメリカか・・・」と そんな予感?。

 妻が私の声で起きてTVをつけて観戦。

 36分、宮間選手の左足一瞬の蹴りでゴール奪い追いついた。延長戦に投入。

 しかし、延長前半、この大会一番マークしていた米国のワンバックに勝ち越しゴールをゆるす。

 「私もこれまでか・・。」とまたもやいやな予感が心を過ぎった。

 しかし、なでしこジャパンの選手たちは誰も諦めてはいなかった。

 試合後、「「信じられません。みんながあきらめずに戦った結果。自分自身、最後まで走り続け、全力を出し切りました。」澤選手が語ったことが全てを表していた。

 延長後半、沢選手のゴールで再度、追い付き、PK戦に投入。

 PK戦に入る前、なでしこジャパンは円陣を組み、佐々木監督がにこにことした笑顔で手を叩きながら選手を鼓舞していたのが印象的であった。

 選手の誰もがカチカチになるであろうPK戦の前、佐々木監督の勝敗を超えた澄み切った心境がなでしこジャパンを世界一に導いたと言っていい。

 勿論それに答えた選手たちは天晴れ!。

 PK戦はアメリカから始まった。第一打はコイントス。ゴールキーパー海堀選手が横に大きく跳び、足でスーパーセーブ 止めた!。日本は宮間選手が決める。その後、永里選手が決めて2対0。ワンバックが決め、2-1。

 最後は20歳熊谷選手が4人目。決めた! おめでとう なでしこジャパン !!

 沢は大会の最優秀選手に。

 選手たちは、自分たちの頑張りが被災地を元気付けるという信念を口々に語っていた。

 諦めない! 仲間たちを信ずる! 励ましあう! なんとすばらしい教訓をわれわれに届けてくれた。

 有難う! なでしこジャパン 


| | コメント (0)

枇杷ジャム作り

 今年も見せの後ろの枇杷の木には、びっしりと枇杷の実がついた。Biwa01

 例年だと、6月下旬あたりから食べごろになるが、今年は一週間ほど遅いようである。

 枇杷ジャムのあの甘酸っぱい味が忘れられず、今年も枇杷ジャム作りに励んだ。

皮をむき、種を取る。更に、種と実のあいだにある白い膜も取らなければならず結構手間がかかる。
 Biwa02
 取り出した実をジューサーにかけて細かくしてから、土鍋に入れて火にかける。
Biwa03

 砂糖を入れて(枇杷1キロに対して砂糖300グラム)火にかけること約一時間。水のようだあった液体が煮詰まってくる。レモン汁を絞りいれる。10分位さらに煮詰める。
自然冷却してから、ビンにつめれば出来上がりである。

 Biwa04

 人工的な添加剤は何も入っていない本物の枇杷ジャムが出来上がった。

支配されている枇杷ジャムは、砂糖、びわ、リンゴ果汁、水あめなどの甘味料、増粘多糖類、酸味料(クエン酸)、香料などが入っているのが多いのである。

 やはり、自分で作る枇杷ジャムは自然の味がして美味しい。パン食の時にはいつもわが家では枇杷ジャムを欠かすことが無い。

 冷蔵庫で保存しておけば、1年以上は持つ。

| | コメント (0)

冷たい麺類、好きなのはどれ? でも 被災地に皆さんは

 冷たい麺類、好きなのはどれ?

 この中から答えを選択

  そうめん・冷麦
   ざるそば・ぶっかけそば
  ざるうどん・サラダうどん
  冷やし中華
  冷製パスタ

 ココログ発のこんなブログねたが載っていた。

 その結果はというと、 ざるそば・ぶっかけそば が30%と一番高い割合になった。次に、そうめん・冷麦が26%であった。

 先日関東地方も梅雨明け宣言された。これからは、猛暑日が続きそうな気配である。

 冷たい麺類を求めて、週末、当店にもお客様が大勢御越しいただいた。おろし蕎麦、天おろしを注文される方が増えてきた。

 6月にも、熊谷では39度を越す猛暑日があった。7月は、40度を越す日があるのであろうか。

 東北の被災地は、この夏はハエが大量発生しているという。願わくば、東関東大震災で被災された地方には猛暑や台風は避けてほしいものである。

 冷たい蕎麦をズズーと食べたいであろうが、避難先では適わない方々が大勢いるようである。

 当店では、被災地に行って炊き出しはなかなか出来ない。せめて、お客様から頂いた代金の中から義援金寄付で心を届けるようにしていきたいとおもう。

 踏ん張れ東北!。 がんばれ東北!。
 
 

| | コメント (0)

夏の野菜達

 店の裏の小さな畑に夏の野菜たちが元気に育っており、すでに天ぷらの材料に使用しているものもある。
Natuya04
Natuya05
Natuya06
Kyuri01

  また、薬味の葱や辛み大根は通年で育てており重宝している。
Natuya03

Natuya02

| | コメント (0)

日立市視聴覚センターの移転

  日立シビックセンターは3月11日の東日本大地震の際、大きな被害を受けましたが、本日、7月1日より運営を開始するそうです。

 詳しいことは、日立シビックセンターのホームページで確認してください。

 1974年に「日立市視聴覚センター」として独立して以来、日立市教育会館内で運営されてきた、日立市視聴覚センターがこの地下に移転してきました。

 
 日立駅前という場所柄、利便性が高くなることと思われます。

 主な事業内容は、従来と変わらなく映像ソフトや機材の貸し出し等と言うことです。

 新しく計画された事業に、土・日曜に翳りますが、映像セミナー室での「子供向け映画の上映会」があります。
日立市教育会館内では図書館IT講習会用パソコンが設置されて、多くの市民のパソコン教育に利用されておりましたが、今回は、この施設はないそうです。

 新しい移転先の視聴覚センターに期待しましょう。

 

 

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »