« 冷たい麺類、好きなのはどれ? でも 被災地に皆さんは | トップページ | やったー 勝ったー なでしこジャパン 有難う! »

枇杷ジャム作り

 今年も見せの後ろの枇杷の木には、びっしりと枇杷の実がついた。Biwa01

 例年だと、6月下旬あたりから食べごろになるが、今年は一週間ほど遅いようである。

 枇杷ジャムのあの甘酸っぱい味が忘れられず、今年も枇杷ジャム作りに励んだ。

皮をむき、種を取る。更に、種と実のあいだにある白い膜も取らなければならず結構手間がかかる。
 Biwa02
 取り出した実をジューサーにかけて細かくしてから、土鍋に入れて火にかける。
Biwa03

 砂糖を入れて(枇杷1キロに対して砂糖300グラム)火にかけること約一時間。水のようだあった液体が煮詰まってくる。レモン汁を絞りいれる。10分位さらに煮詰める。
自然冷却してから、ビンにつめれば出来上がりである。

 Biwa04

 人工的な添加剤は何も入っていない本物の枇杷ジャムが出来上がった。

支配されている枇杷ジャムは、砂糖、びわ、リンゴ果汁、水あめなどの甘味料、増粘多糖類、酸味料(クエン酸)、香料などが入っているのが多いのである。

 やはり、自分で作る枇杷ジャムは自然の味がして美味しい。パン食の時にはいつもわが家では枇杷ジャムを欠かすことが無い。

 冷蔵庫で保存しておけば、1年以上は持つ。

|

« 冷たい麺類、好きなのはどれ? でも 被災地に皆さんは | トップページ | やったー 勝ったー なでしこジャパン 有難う! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷たい麺類、好きなのはどれ? でも 被災地に皆さんは | トップページ | やったー 勝ったー なでしこジャパン 有難う! »