« 大忙しの日曜日 | トップページ | 行楽のシーズン到来の予感 »

彼岸の中日 秋分の日のお客様

 お彼岸ということもあり久し振りで金曜日の営業となった。

 昨年も遠方から来ていただいたことを思い出して、営業をしようと思い立ったのだ。

 今日の予約のお客様は、市内の方は一組もなかった。そういう意味では残念!。

 水戸、ひたちなか、福島、東京と多彩になった。フリーの方(多分市内のかた)が二組あったが、打ち置きが余りなく一組の対応となった。 いつものことであるが、申し訳けないとおもう。

 
 ネットになれている方であれば、ホームページを見て、チェックして、予約することは容易であるが、ネットに不案内の方はこれが難しい。

 何かいい方法はないだろうかといつも思う。

 今日のお客様はいずれの方も、そばが好きで食べ歩いていそうな方ばかり。あちこちから「ズッ ズズー」と小気味よい手繰り方でわかる。

 「もう一枚!」とうれしい声がかかった。

 本日の営業のため、私どもは、昨日お墓参りを済ませていた。

 周りのお墓を眺めると、まだ、3月11日の地震の被害を受けて倒壊したままのお墓がある。まだ余震の影響があるので直さないのか、それとも、何か理由があるのであろうか。

 

 東関東大地震で災害を受けた地域の方々お墓参りはできたのであろうか。

 福島から来たお客様の話を聞いた。地震災害もさることながら、原発の恐怖の方が数段怖いという。

 秋が少しずつであるが近づいてきている。

 例年であると、色鮮やかな紅葉を見物にいく人々で賑わう季節であるが、今年は、そんな雰囲気にはならないかもしれない。

 被災地の復旧、復興を心からから願ってやまない。

 

 

|

« 大忙しの日曜日 | トップページ | 行楽のシーズン到来の予感 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大忙しの日曜日 | トップページ | 行楽のシーズン到来の予感 »