« 福島  会津若松へ くつろぎ宿 新滝  | トップページ | 福島  会津若松へ 現代日本画の作家三瀬氏に会う  »

福島  会津若松へ 蔵の街 嘉永蔵とギャラリー蔵舗

 宿を出発して、今回のもう1つの目的である蔵を見ることにした。

 三月の地震で、当店の蔵も被害を受けた。壊すのは簡単であるが、何とか残して別のものに改築したいと思ったからでらる。

 まずは、西栄町のGallery蔵舗である。コンセプトは
Souvenir from NIPPON である。Kuraho01

 なかなか凝っているものがショップを飾っていた。


Kuraho03(漆 松島さくら子作 竹のように 粘り強く・しなやかに)


Kuraho05(有田焼 蕎麦チョコ)


Kuraho11(有田焼 蕎麦チョコ)

Kuraho12床に行儀よく並べられた小物

 Gallery蔵舗の次は 末廣酒造の蔵を見学することにした。

Suehiro07

 その時代に立てられたということで嘉永蔵という説明があった。語りべは藤澤 忠 氏 で 専門は切り絵とエッチングの作家とのこと。その語り口は、少し早口であるが話題が豊富で楽しく聞かせてもらった。
 
Suehiro01(藤澤氏と私の妻のツーショット)

Suehiro02(蔵の内部)

 この日見学しようとしていた喫茶店内部は水曜日で休み。

 この蔵で思わぬ出会いがあった。二階に案内されたときである。

 その4に・・・続く。
 

|

« 福島  会津若松へ くつろぎ宿 新滝  | トップページ | 福島  会津若松へ 現代日本画の作家三瀬氏に会う  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福島  会津若松へ くつろぎ宿 新滝  | トップページ | 福島  会津若松へ 現代日本画の作家三瀬氏に会う  »