« 本日は営業します。 剪定後の庭 | トップページ | 柚子の収穫 »

新蕎麦 草原の香り

 新蕎麦の香りといえば、そばの白い花の上に吹く清々しい風の香りを思い出すのではないであろうか。  

 11月、常陸秋そばの新の便りが届く頃、蕎麦好きの人達が県北の紅葉鑑賞を兼ねて新そばの香りを求めながら食べ歩きに足を延ばす。

 先月、有難いことに当店も多くの客様がご来店していただいた。さて、お客様が求めていた新そばの香り、ご満足して頂いたであろうか。

 皆さんは蕎麦の香りはどこで感じるのであろうか。そばを打ったことがないお客様方は、もちろんそばを手繰った時であろう。

 蕎麦屋はというと、水回しの時や打ち終わって生舟に収めた後、その蓋を開けた時と経験上それぞれの場面の香りを知っている。

 もう一つ蕎麦が香る時があることをご存じだろうか。そばを石臼で挽くときである。このことを知る人は少ないと思われる。

 これは素晴らしい玄蕎麦が手に入った時しか経験できないことである。新そばの時がこの少ないチャンスなのだ。

 この少ないチャンスと同じそば粉が年中手に入ることができたら素晴らしい。

 そんな思いから、試行を重ねて辿りついた玄蕎麦とは・・・・。

 

|

« 本日は営業します。 剪定後の庭 | トップページ | 柚子の収穫 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日は営業します。 剪定後の庭 | トップページ | 柚子の収穫 »