« 静岡のお寿司屋さん | トップページ | 蕎麦春秋という雑誌 寒晒し蕎麦 »

晒し蕎麦

 晒し(さらし)蕎麦ってご存知ですか。寒ざらし蕎麦では? という声が聞こえてきそうです。

 蕎麦好きな方なら、寒ざらし蕎麦はご存知でしょう。

 そう 極寒のときに、2週間近く川に玄蕎麦を浸けて、寒風に晒し干し、仕上げた玄蕎麦を粉にした蕎麦のことです。灰汁が抜けて、すっきりとして美味しいと言われております。地方によっては、冬場限定で食べる蕎麦だそうです。

 さて、当店の蕎麦は「晒し蕎麦」です。きっかけは、自家栽培していた玄蕎麦のゴミや砂利を取ろうと洗い始めたときでした。Sarasu01
 数時間後、灰汁が出てきました。
Sarasu03


 
 当初は、それほど風味がよくなるとは思っておりませんでしたが、あるときのことです。乾かす前に時間を置いて放置してしまいました。

 この玄蕎麦を粉にしたところ、夏場の時期としては大変風味がよく仕上がったのです。

 これがきっかけで、最近は、必ず一週間前に、蕎麦を数時間水に晒し、陰干ししてから、天日に干して玄蕎麦を仕上げております。

 時間と手間はかかりますが、お客様には大変好評です。
Sasisoba01

 これからも、手を抜かずに続けていきたいと思っております。 

 まだ、晒しそばを食べた経験がない方は一度お試しください。今の時期でも水蕎麦で十分いけますよ。
 

 

 

|

« 静岡のお寿司屋さん | トップページ | 蕎麦春秋という雑誌 寒晒し蕎麦 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡のお寿司屋さん | トップページ | 蕎麦春秋という雑誌 寒晒し蕎麦 »