« 蕎麦春秋という雑誌 寒晒し蕎麦 | トップページ | アジサイやもみじの移植作業 »

季節の移ろいの中で

 ほのかな香りを放つ清楚な梅の花が咲く早春から始った今年も、桜、桃、つつじと春の花が咲き続け、はや6月半ばになってしまった。

5月から咲き始めた黄あやめやマーガレットももう終わりに近づいてきた。さつきが今満開であるが花の命は確かに短い。次ぐに終わってしまうだろう。
Kisetu01
Kisetu03

 駐車場から蕎麦屋至る小道に杜若が咲き始めてきた。
Kisetu02

 6月後半は、アジサイである。
Kisetu04

 季節の移ろいの中、色々な花を眺めては楽しむことが出来るが、これからは雑草が伸びてくる。悩みの種なのである。

 

|

« 蕎麦春秋という雑誌 寒晒し蕎麦 | トップページ | アジサイやもみじの移植作業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦春秋という雑誌 寒晒し蕎麦 | トップページ | アジサイやもみじの移植作業 »