« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

蕎麦屋の裏話 2

 網とワゴンと聞いてもたぶん皆さんは想像できないでしょう。

 店で使っている細い鉄パイプと細い鉄線を組あわせたワゴン台の事です。

 店で棚と天ぷらを揚げるときに使うワゴン台の掃除を終わって母屋に帰ってきました。暑かったので全身汗びっしょりで「暑い!暑い!」と言って戻ってきました。

 妻が「何してきたの?」と尋ねてきましたので、「天ぷらを乗せるあみの掃除!」と少しいらいらして云ったところ、「あみってなに?」と聞き返してきました。

 「天ぷらを乗せる網!」と私。すこしいらいら。

 「なによ あみって!」としつこく聞くので「網って言えば網!」と大声を出してしまいました。

 「ころころと押す網だよ!」とわたし。

 「ワゴン台のことでしょ!」と妻。 「うるさいんだと!網で判るだろ!」と私。

 「いつもそう 何も知らない人ね」さらにダメ押し。

 仲良くなったり、虫の居所が悪いと喧嘩をしたり。

 こんな調子で年寄り夫婦は暮らしております。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年ぶり 蕎麦を蒔く

 わが家では8月25日が蕎麦まきの日といわれているが、今年は、25日は留守にするので21日に蒔いた。蒔いた種は500グラム、決して多くはない。あくまで種を取る試験用にである。
 蕎麦屋を開業する前は、15キロぐらい収穫があったときもあるが、現在は自家栽培はしていない。思い立って蒔く程度の量である。

 今日で8日目。双葉の先からもう1つの若葉が出始めている。Maku01

 美味しい蕎麦を栽培するには、焼畑農法が一番と言われるが、そうであろうか。現代は、蕎麦栽培も研究されており収穫のある美味しい玄蕎麦の栽培方法が確立されている。

 当店は研究熱心な蕎麦農家「荒川アグリ」から仕入れている。ここの蕎麦は良品質である。

 さて、今年の土つくりであるが、お盆前に畑を耕して苦土石灰をまいた後、鶏糞と化成肥料を少しまき一週間ほど経ってから種を蒔いた。今年は雨が降らないので芽が出るか心配であったが、からからの土でもしっかりと芽を出した。そばは飢饉に強いことを実証した。

 今までは、鶏糞を使ったことがなかったので今年の収穫時にはどのような蕎麦が出来上がるであろうか。楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週から営業を開始します。

 先週、木曜日から昨日まで留守にいたしました。

 本日の朝、店の前に朝顔がきれいに咲いておりました。
Asamise01
9月1日より営業を開始いたします。まだ残暑がきついですがご来店をお待ちいたしております。

Asamise02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏蕎麦は切れやすいか? 晒し玄蕎麦つくりを打つ

 「夏の時期に冷たい蕎麦を食べたい」と蕎麦を打ってみたが切れて困っているという質問があったので、切れやすく打ちづらい粉で打ってみた。

 ではということで、一番粉を取った後に残る甘皮部分を二度挽きして34メッシュで篩う。挽いているときから蕎麦の香りがたつ。
Jikaseifun02

 このそば粉で打つと星をちりばめたような蕎麦になる。色々なブログで「星入りで美味しい!」と賞賛しているので、星(そば殻の部分)をわざと投入して打っている蕎麦屋もあるほどである。

 しかし、星が入っているいるので美味しいのではなく、甘皮部分を挽き入れる時に結果として入ってしまうのである。

 この星の入ったそば粉で打つと切れやすい蕎麦になることは経験上わかっている。気温が上がらない季節ならそれほど難しいことではないが、夏は難しいものだ。
 一番、注意しなければならないのはやはり水回しのときの加水率である。このそば粉で打つときは冬場は50~52%、春は46%~48%ぐらいが目途としている。夏はというと39%~41%とぐっと下がる。
 湿気が多いせいなのだろう。少し足りないかという感触で練り始めると丁度いい。

 また、打つときの水温にも注意が必要であるし、打った後の保存状況ででも切れやすくなる。
 
 夏は決して常温で保存してはならない。外気の温度は30度以上に上がるので、蕎麦はあっという間に劣化してしまう。明太は水分を失い、変な臭いまで発生する。

 過程では冷蔵庫で保存するのがいいだろう。
Inakasoba02(写真 実際に打たれた田舎そば 打っているときも香りプンプン 風味が強いそばになった。)


 そんなわけで、夏場は蕎麦を打つときには加水率、水温、保存にちゅういということにつきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び JA直売所のお手伝い

 昨日の日曜日、先週に続いて直売所のお手伝いをしてきました。

 暑い日が続いてますので、お客様の出足はどうかと思いましたが、結構入店していただきました。何処の直売所でも新鮮で安いが売り物です。

 販売担当者に聞くと、常連さんが多いようです。PRを上手にすればもう少しお客様も増えるでしょう。
Fure01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏野菜は今が旬

 お盆に入ってから店は休み。ちらほらとフリーのお客様が見えるが、「8月一杯は休みです」と告げるとちょっと残念そうに帰っていく。
 
 草刈と農作業もお休み。少しはゆっくりと過ごせる日が続きそう。

 夏の野菜たちが元気だ。今が旬で一番収穫がある、なす、しし唐、おくら エンゲン は天ぷらの食材。店が休みで出番がなく残念。
Nasu01
Nasu02
Okura01
Susudou01
トマトの栽培は今まで成功してことがなかったが、今年初めて病気も入らずに何個も収穫できた。完熟させて取りトマトの旨さは格別である。
Tomato01
Tomato02
 カラスが毎日狙ってるので網をかぶせて防御。
Tomato03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎のお盆

 13日は盆の入りで兄弟達とお墓参り、14日は初盆参り、今日15日はお盆の中日と続く。

 この時期、朝顔がきれい。 Asagao01

Asagao01_2
Asagao02_3

黄コスモスが軒に咲き始めた。
Kikosumosu01

 わが家のお盆の風景でした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA直売所 お花を買う人達で賑う

 昨日12日、JA直売所(ふれあいパーク日高)のイベントがあった。

 お盆の入りの前日いうことで例年のもようしものになり、直売所の役員の一人である私もお店は休みにしお手伝いをしてきた。

 
 今年の出荷は野菜が少なく、お花が昨年の倍と出荷に偏りがあり、野菜類を買いに来たお客様は残念そうに帰っていった。

 お盆のお花を買いに来たお客様は「安いねー!」を連発、確かに花屋やスーパーなどで買うよりは格段いやすく皆さん花束をたくさん買っていった。
 
 この辺の家々は農家が多く、お墓も単独墓といって幾つもの墓が立ち並ぶのでお花もかなりいることになる。一軒で花立が12箇所とか14箇所とかになるので買うお花も覆いのである。
  
Ja01
Ja02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝早起きの感動 オリンピック二題 

 なでしこを見ようと早朝3時起き

 TVのスイッチを入れる。試合の始まる前にBSに切り替える。レスリング55キロ級 吉田選手の決勝。見事に優勝金メタル。 おめでとう! おめでとう! 吉田選手 三連覇おめでとう!

 旗手は金はないというジンクスをすざましい闘志で見事に覆し金。

 あわててNHK総合に画面を切り替える。

 なでしこジャパンとアメリカ戦 期待込めて見守る。USAが前半早々にゴールを奪う。さらに、追加点 2点リードされる。

 後半に、なでしこジャパンが攻める。宮間のスルーパス、大野がつなぎ、沢がシュート、こぼれたボールを大儀見が押し込み1点を返す。

 そして ゲームセット。 

 涙の決勝戦敗戦から表彰式 笑顔 笑顔 そして 笑顔の選手たち 感動をありがとう!

 おめでとう 素晴らしい銀メタル。

 いよいよオリンピックも終盤。 日本選手頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月は11日まで営業 その後は休みです

 暑い夏にこそ食べたいものは蕎麦と昔から云われておりますが、今年は様変わりしたのでしょうか。当店は昨日、一昨日とお客様の入りが悪い状況でした。

 今年は、冷たいカレーや冷製パスタのような冷たい食べ物に志向が変わってきているように思われます。従来でしたら、考えもしなかった新感覚の冷やしハンバーグなどが注目されてきております。

 夏は蕎麦、そうめん、冷やし中華などが定番でしたが、冷たい食べ物にも洋風化されてきているようです。蕎麦屋同士の戦いを制するという考え方から、他の食べ物屋との戦いと目を転じてビジネスを考えなければならないことでしょう。

 当店のような土・日営業の蕎麦屋でも来客に影響が出るのですから、蕎麦を生業としている大型店などはこれから大変になることでしょう。

 ニッパチは暇と云われていている8月、仲間の蕎麦屋さん頑張って!。
 
 8月は、4日、5日11日の三日間の営業です。9月は通常営業です。

 よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝、蝉の声聞きオリンピック観戦に思う

 昨日は、午前1時起きTVで男子サッカーと体操男子個人総合を観戦、内村選手が念願の金メタル。団体戦では失敗が多かったので、金取れてよかったと大感激。午前3時ヒグラシが鳴き始める。続いてミンミン蝉の声。段々とうるさくなる。

 時折、鶯の鳴き声。この時期に鶯の鳴き声が聞かれるのも珍しい。
 
 今日の朝は3時過ぎに起床。水泳を観戦、外の景色がうっすらと見え始め、ヒグラシが今日も鳴き始めていた。

 女子200M平泳ぎ 鈴木選手、男子200M背泳ぎ 入江選手ともに銀メタル。いずれの選手たちも感想を聞かれると「家族や応援してくれる皆さんのお蔭」と謙虚に話していた。

 選手たちは一足飛びに一流のアスリートになったわけではないだろう。その成長過程において、それぞれのコーチたちの研究を重ねた独自のトレーニング計画のもとに厳しい練習がかせられる。

 選手達は自分の夢に向かって苦しい練習に打ち勝ち、勝利を目指して努力し続ける。子供の頃には楽しかったスポーツもアスリートと言われるようになる頃には、悩み落ち込むことも多々あったことだろう。

 そして、コーチの叱咤激励や家族の励まし、多くの方々の温かく熱い応援があり、再び、熱く立ち上がる一流アスリートにと成長していく。

 選手達の口々から「感謝」という言葉を聴くことが出来るのは、この選手達を指導してきたコーチの影響が大きいのだろう。

 この選手達の言動を見ていると彼達を指導し支えてきた日本のコーチたちの指導者としての資質は素晴らしいものと推測できる。

 このオリンピックで大きな問題となったバトミントンのどこかのコーチなどは何を教えてきたのだろうか。

  頑張れ日本の若者たち!  そして、コーチたちよ! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »