« 蕎麦屋の裏話 その1 | トップページ | 8月は11日まで営業 その後は休みです »

早朝、蝉の声聞きオリンピック観戦に思う

 昨日は、午前1時起きTVで男子サッカーと体操男子個人総合を観戦、内村選手が念願の金メタル。団体戦では失敗が多かったので、金取れてよかったと大感激。午前3時ヒグラシが鳴き始める。続いてミンミン蝉の声。段々とうるさくなる。

 時折、鶯の鳴き声。この時期に鶯の鳴き声が聞かれるのも珍しい。
 
 今日の朝は3時過ぎに起床。水泳を観戦、外の景色がうっすらと見え始め、ヒグラシが今日も鳴き始めていた。

 女子200M平泳ぎ 鈴木選手、男子200M背泳ぎ 入江選手ともに銀メタル。いずれの選手たちも感想を聞かれると「家族や応援してくれる皆さんのお蔭」と謙虚に話していた。

 選手たちは一足飛びに一流のアスリートになったわけではないだろう。その成長過程において、それぞれのコーチたちの研究を重ねた独自のトレーニング計画のもとに厳しい練習がかせられる。

 選手達は自分の夢に向かって苦しい練習に打ち勝ち、勝利を目指して努力し続ける。子供の頃には楽しかったスポーツもアスリートと言われるようになる頃には、悩み落ち込むことも多々あったことだろう。

 そして、コーチの叱咤激励や家族の励まし、多くの方々の温かく熱い応援があり、再び、熱く立ち上がる一流アスリートにと成長していく。

 選手達の口々から「感謝」という言葉を聴くことが出来るのは、この選手達を指導してきたコーチの影響が大きいのだろう。

 この選手達の言動を見ていると彼達を指導し支えてきた日本のコーチたちの指導者としての資質は素晴らしいものと推測できる。

 このオリンピックで大きな問題となったバトミントンのどこかのコーチなどは何を教えてきたのだろうか。

  頑張れ日本の若者たち!  そして、コーチたちよ! 

 

|

« 蕎麦屋の裏話 その1 | トップページ | 8月は11日まで営業 その後は休みです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/46560114

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝、蝉の声聞きオリンピック観戦に思う:

« 蕎麦屋の裏話 その1 | トップページ | 8月は11日まで営業 その後は休みです »