« いよいよ師走 本日予約で一杯でした | トップページ | 蕎麦の美味しさについて考える  その2 »

蕎麦の美味しさについて考える  その1

 蕎麦を好む方は旨味や風味、そして食感に拘る方が多い。店サイドとしてはお客様のご注文に対処する方法がなかなかなく難しい。

 何年か前に、蕎麦の美味しさについて語ったことがあったが、蕎麦を打ち続けていても,これが本当の蕎麦の美味しさだという域になかなか達しない。もう一度、深く考えてみたい。

 そのためには、一般的な美味しさを感じる要素である味覚について考えていきたいと思う。

 味覚とは、人が食物を食べて味を識別できる感覚のことである。甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の五つの基本味があるのは、皆さんご存じだろうと思う。

 うま味より辛みが五味の一つに入りそうだが、辛味は渋みやえぐみと同じ味刺激の範疇に入る。

 ここで云う「うま味」とは、鰹節や昆布でとるだしの美味しさのことである。日本人はもともと出汁の美味しさは知っていたが、100年前に、池田菊苗氏が昆布から発見したグルタミン酸ナトリウムの味をうま味と称したことで使われるようになったという。

 Thinking about the delicious taste of buckwheat part 1
Many prefer Soba to fuss over, flavor, flavor, and texture. But quite how to deal with your order as the shop side, difficult.
 Several years ago, was told about the delicious taste of buckwheat is not quite area that's delicious Soba also were rattled on the Soba it's true. Deeply want to think again.
 
 I want to think about the taste, feel the taste in the General factor.
Taste is in people eating food, you can identify the taste sensation. Of the five pieces of sweet, salty, sour, bitter and umami taste is I think and would you know you.

 Spicy looks into to the Gomi's more umami taste, pungent are astringent Yae entering the category of which was aired the same taste stimuli.

"Umami" here"and a delicious taste of dashi kombu and bonito flakes in it. Japanese knew originally is the taste of the broth, it was used in was called the Tokyo Emperor large Professor Kikunae Ikeda discovered 100 years ago from kelp monosodium glutamate taste umami and.

|

« いよいよ師走 本日予約で一杯でした | トップページ | 蕎麦の美味しさについて考える  その2 »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/48072478

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦の美味しさについて考える  その1:

« いよいよ師走 本日予約で一杯でした | トップページ | 蕎麦の美味しさについて考える  その2 »