« 可愛らしい今年の干支 巳の置物 | トップページ | 福寿草咲く »

ひな祭りと蕎麦

 江戸時代、ひな祭りの翌日に、ひな壇に蕎麦を供えて、その後そばを食べる習慣があったという。

 今はあまり聞かなくなったが、節句蕎麦と云うそうである。

 ひな祭りが盛んになったのは、江戸時代以降、女の子の健やかな成長を願い五節句の一つとして広まってきた。

 お雛様は、女の子に降りかかる災害を代わりに引き受けてくれる厄除けの守り神のようなものとしての意味もあるということを最近知った。

 桃の花を飾って、ひなあられと菱餅を備えてお祝いをする習わしであるが、蕎麦を供えるという意味はなんだったのだろう。

 

 蕎麦は切れやすいので、災厄を断ち切るという例えと、さらに、蕎麦は細長いので、蕎麦を食べると寿命が伸びるという意味もあり、年越しにそばを食べる。

 ひな祭りお節句蕎麦は、年越しそばを食べるという意味と同意義なのだろう。

 そう考えると、桃の節句には、ぜひ蕎麦を食べてほしいものです。

 
 
 
 

 

|

« 可愛らしい今年の干支 巳の置物 | トップページ | 福寿草咲く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/49802885

この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭りと蕎麦:

« 可愛らしい今年の干支 巳の置物 | トップページ | 福寿草咲く »