« 本日は茹で筍作る | トップページ | 友人を訪ねて北茨城へ »

日本酒が外国で話題に

 ワインの本場フランスで日本酒の評価が上がっていると云うニュースが、最近TVで取り上げられていた。

 これにはちょっと驚かされている。

 日本では日本酒の人気が下がりっぱなしで,多くの蔵が消滅してきているというのに!


 嘗ての日本酒は、酔うための日本酒と云うか飲んでも美味しいという実感がなかったのであるが・・・

 最近の日本酒は、品質と云い、美味しさと云い格段に上がり、以前とは大きく違ってきている。
 
 外国で評価されないわけがないのだ。

 日本酒は日本人だけのものと云う発想しかなかった蔵がやっと外に目を向けて営業を開始してきていることに

 注目していきたい。

 さて、最近飲んではまってしまった酒を紹介していきたい。

 九州は佐賀の酒 七田 純米 七割五分磨き 山田錦 無濾過生 である。Sichiden_2

 精米7割5分と低いので雑味のあるだろう、色も私好みの黄金色かと
飲む前は予想していたが、栓を開けたとたんにかすかにメロン系の芳香が優しく

立ち上がった。色もきれいで無色に近い。

 予想をしていた酒とは違うのでびっくり。

 口に含むと綺麗な甘みが広がり、気品のある旨味がゆっくりと返してきます。
 
 酸の余韻がのこり、キレは良いということです。

 お燗をしてふくらみがあり、旨味もまし食中酒として楽しむことが出来て、

 飲み飽きしないお酒である。

|

« 本日は茹で筍作る | トップページ | 友人を訪ねて北茨城へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/51542372

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒が外国で話題に:

« 本日は茹で筍作る | トップページ | 友人を訪ねて北茨城へ »