« 新そばの便り | トップページ | 蕎麦春秋という雑誌 »

粗挽き蕎麦がき

 リピーターの中に、毎週のように来てくれるお客様がおります。蕎麦が大変好きなご夫婦です。お友達を連れてのご来店となることもあります。

当店の蕎麦を気に入ってくれたのだろう。おひとり二枚は必ず食べます。時には三枚ということも・・・。

先週は、お友達と来てくれました。初めて粗挽きの蕎麦がきを注文してくれたのです。五感が鋭いお客様だから滅多なものは出せないと緊張が走る。

 まず、丸抜きを手挽きの石臼で挽く。この粉は篩にかけない。さらに、晒し玄蕎麦(作るのに一週間)を電動石臼で3回挽く。3回挽くのがみそ。一回や二回では、蕎麦の一番おいしい処の甘皮部分が挽きこまれないのだ。

三回目の粉は、挽いている時も蕎麦の香りが立ち上がってくる。この粉を丸抜きの粉とブレンドしてそばがきを作る。

何もつけずにたべたお客様の感想は、「すごっくおいしい!」でした。

こんな手間をかけて蕎麦がきを作っている蕎麦屋あるのだろうかと常々思っておりますが、お客様が食べて元気がでるのなら頑張ろうとも思うのです。

|

« 新そばの便り | トップページ | 蕎麦春秋という雑誌 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/53367924

この記事へのトラックバック一覧です: 粗挽き蕎麦がき:

« 新そばの便り | トップページ | 蕎麦春秋という雑誌 »