« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

映画「天心」を観にいわき市へ

 日本の近代美術史に大きな足跡を残した岡倉天心の没後100年に当たって製作された映画「天心」

 協賛の呼びかけに少しばかり協力していたのでチケットが天心製作委員会から送られてきました。

 というわけで、昨日、映画「天心」を観にいわき市に行ってまいりました。Tennsinn

 

 映画を見に行くところは、ひたちなか市のTOHOシネマですが、天心は上映されておりません。

 「さーて どうしようか?」と思案。

 水戸に行くか、いわきに行くか迷ったのですが、舞台は北茨城市五浦海岸。いわき駅前のポレポレいわきに決定!

 午後1時35分開演に間に合うように、余裕を持って11時過ぎに出発。

 天候は晴れ、気持ちがいいドライブ日和となった。

 初めてのいわき市駅前なので、駐車場を見つけるのに難しいと判断映画館近くの
ラトプにナビをセット。

 地下駐車場を利用することにした。

 ちょっと戸惑いもあったが、無事に13時前に到着する。少し時間があるので、店内をぶらり。

 人の流れは、結構多く見た目では、震災の影響は感じられない。

 歩道橋をわたり、映画館に向かう。橋上から駅前の風景をぱちり。日立よりは紅葉が早そう。
Iwaki01


Iwaki02
 映画館の前でぱちり。
Eiga01

 震災の影響を感じたのは、映画上映の前。係員が上映意中、地震が来た際の注意点を
説明してくれたときです。

 トーホーシネマではこのような経験はなく、やはり福島の映画館なのだなーと
思いをはせました。

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あおさ柿実る

 秋空の下、店裏のあおさ柿が実をつけている。あまり高い処実をつけているので取れず、眺めるだけです。
Kaki01


Kaki02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

粗挽きの蕎麦がき

 毎週ご来店のお客様のお気に入りは粗挽きの蕎麦がき。

 現在はメニューに載せておりませんが、以前はメニューにのせてあったので知っているのです。

 一人では注文を受けておりませんが、二、三人とまとまればお出しするようにはしています。

 ただし、事前に、連絡をくれた方のみですが…。

 この蕎麦がきは、冷めても蕎麦の香りがプンプンと風味抜群です。

 

 Sobagaki02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は一日中雨

 台風の影響で雨の一日になった。

 街の中の店でないので、こんな日はお客様の予約も少なく、フリーのお客様の入りもない。

 悪天候の中、来ていただいたお客様に感謝です。 本当に有難うございました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風が心配

 数日前に発生した台風27号、28号が並行して日本列島に風雨をもたらしてくる。

 現在、先日も大きな被害がでた伊豆大島に避難勧告が出たようだ。

 当地も昨日、本日とも雨の日になり、ちょっと憂鬱。

 明日はまだ予約が1組。こんな天気だとお客様の予約があるかどうか心配。

 「こんな日は新そば食べてすっきりしよう!」とお客様が来てくれればグット 。

 新そばは、清涼感あふれて、風味もあり美味しい。
 
 写真は母屋から庭に向かってパチリ。雨で煙っています。Ame01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにゃく掘り

 昨日、こんにゃくを掘った。

 夫婦二人なので、1年間の食べる量はまかなえる。今年は、1キロ以上の玉ができなかったのが
残念。

Connyaku01

 こんにゃく作りは、こんな感じ。

 ・・生こんにゃくを水の中にすりおろして、よくかき混ぜた後、

 こんにゃくの素を入れて火にかけて少しねずみ色に変わったら型に移して固める。

 型からはずして、水に入れ1時間くらい煮てから、冷水で晒す。

 このこんにゃくがうまい。・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立市の話題を英文で紹介しているページ・・HYOTAN

 日立市を英文で紹介しているボランテアグループがあります。

 グループ名は「HYOTAN」と云います。

 情報更新は不定期ですが、月に何回かは更新されております。

 内容も濃く話題も適切です。


 Hyotan Hitachi City,Now

 Presented by Hyotan Group

 October 5, 2013.

 What's New !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風通り過ぎる 日立

 昨夜から吹き荒れた台風の風と激しい雨も、朝9時過ぎには雨もやみ青空がのぞく。

 雨にぬれた外廊下。1001


1002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新そばになりました。

 北国、幌加内から新そばが届きました。丸抜きを自家製粉して、晒し玄蕎麦の粉とブレンドして打っております。

 風味と食感の良いそば切りが打ちあがっています。

 Sinsoba01


Sinsoba02


Usu02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

松の手入れ

 昨日、店の庭先の松の剪定を行った。

 昨年秋に手入れして、一年間ほったらかしにしていたのでご覧のようにぼうぼう。
Matu01

 挙句に、変なものまでできてしまう。これなんだろうな!。松ぼっくりではありません。


Matu02
 
 松の手入れは素人のわたしですが、すっきりと剪定された松は美しいと自画自賛。

Matu04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦屋の常識・非常識 という本

 片山虎之介氏の「蕎麦屋の常識・非常識」を読んでいます。

 まえがきに「・・蕎麦屋の暖簾から続く道は、遠い田舎のソバ畑へとつづいている。・・」と

 遠近法や俯瞰図のような文章を駆使して、時には、タイムカプセルに乗って蕎麦の世界を見ているように読者を独特の世界に引き込んでゆく。
 
 蕎麦屋にとっても興味尽きない本です。Sobahon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニラせんべい

 今年の春に、けんみんショーで長野県北信地方の郷土食「ニラせんべい」が紹介されていました。その姿は韓国のチジミの様でした。

 小麦粉で作るそうですが、蕎麦屋ですので、蕎麦粉で作ってみました。上手くゆくかどうか心配でしたが、何とか出来ました。

 ニラの香りが強く蕎麦の香りはあまりしませんが、なかなか美味しいものです。

たれは醤油、味噌、酢、砂糖をブレンドして作りました。

 Chijimi03


Chijimi01

 そう云えば、栃木県鹿沼市では、昔から市民に愛されている「にらそば」という物がありますね。
  
 蕎麦粉とニラは意外と相性がいいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »