« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

日立駅情報交流プラザ 「ぷらっと ひたち」

 昨日、静岡に行く妻を見送りに日立駅に。72901
久し振りに日立駅情報交流プラザ 「ぷらっと ひたち」に立ち寄った。

72904
夏休を利用しての職場体験であろうか? 中学生らしい女の子三人がお店の方に案内されて説明を受けていた。

72903

 我々とこの4人のみしかプラザにはいなかったが、観光客を含め多くの方に立ち寄ってほしいものである。


| | コメント (0)

昨日の素敵なお客様

 昨日の日曜日、思ってもいなかった素敵なお客様がいらっしゃいました。

 『パティスリー ましぇり』のオーナーパティシエ 望月 京子さんです。

Portrait

  フェースブックでは「お友達」でしたが、実際の面識はありませんでした。

 忙しい中、時間を割いてお越しいただきました。

 お話によると、静岡市のご出身で、縁あって日立市かみあい町に居を構えるようになったとのことでした。
 
 料理研究家 藤野真紀子氏に師事、その後市内の老舗のお菓子屋で腕を磨いたそうです。

 毎日、美味しい素敵なケーキを作っていますが、Kyoko's Baking School でのお菓子作りの先生も務めております。

 『お菓子で幸せづくり』という素敵な本の書者でもあります。(Amazonでお求めになれます)

 ましぇりのパンフを戴きましたので、カウンターのところに貼って紹介しております。
スイーツ大好きの方はどうぞ 見てね!
72103


 パティスリー ましぇりは私のところから近いので訪ねて行こうと思っております。

| | コメント (0)

朝の日曜は予約で一杯です。

 朝の日曜は7月に入ってから、初めて予約で一杯になりました。

 よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

日本人の味覚 うま味

 蕎麦を好む方は旨味や風味、そして食感に拘る方が多く、店サイドとしてはお客様のご注文に対処する方法がなかなかなく難しいものです。

 何年か前に、蕎麦の美味しさについて語ったことがありましたが、何年蕎麦を打ち続けていても、,これが本当の蕎麦の美味しさだという域になかなか達しません。

 もう一度、深く考えてみたいとおもいます。

 そのためには、一般的な美味しさを感じる要素である味覚について考えていきたい。

 味覚とは、人が食物を食べて味を識別できる感覚のことである。甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の五つの基本味があるのは、皆さんご存じでしょうか。

 旨味はトータルとしての美味しさと理解しておりましたが、うま味と書くと意味が違ってくるのですね。

 「うま味」とは、鰹節や昆布でとるだしの美味しさのことで、日本人独特のもののようです。

 日本の食文化「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された理由の一つにもなったといいます。

 日本人はもともと出汁の美味しさは知っておりましたが、100年前に、池田菊苗氏が昆布から発見したグルタミン酸ナトリウムの味をうま味と称したことで使われるようになりました。

 日本人の繊細な舌の感覚はすごーい!

| | コメント (0)

日曜日のそば処 暁山のお客様

一昨日の日曜日、毎週来てくれているお客様の予約は11時と決まっております。粗挽き蕎麦がきが大好物です。蕎麦はご夫婦とも天せいろとせいろの二枚を食べた後、締めに粗挽きそばがきです。いつもの事なのですが、カロリーとり過ぎで大丈夫かと心配いたしております。
 粗挽きそばがきは、メニューにはありませんが、知っているお客様は必ずと言っていいほど注文してくれます。甘皮部分がしっかり挽き込まれて蕎麦の香りプンプンして蕎麦独特の濃厚な味が致します。蕎麦好きの方ならたまらないと思います。
 12時に、二組のご夫婦のお客様がご来店。この組も天せいろ二枚のほかに、せいろを追加注文してくれました。
 12時30分にもご夫婦、天せいろでした。これで本日は終了と思っていたところ13時過ぎに電話あり。三名のお客さんご来店。あわてて追い打ちしました。何とかまにいました

| | コメント (0)

土曜日、ご来店のお客様をお断りした理由は

 土曜日、晴れ。7月から消費税を入れての価格に。天せいろで1250円と従来より100円アップの価格設定にしたのでお客様はちょっと減少と覚悟をしていました。


 台風一過で暑くなったせいかフリーのお客様が次から次と・・・電話では3件、店に来てくれたお客様は4件とすべてお断りする状況になり、ご来店いただいたお客さまよりお断りしたお客様の方が多くなったと云う奇妙な結果に。


 待たせていて追い打ちしたらと思うかもしれませんが、諸般の事情でこれが難しいのです。

 本日の追い打ちできない理由は、晒し玄蕎麦の挽いた粉が無くなってしまいましたので・・・。
 また次のようなこともあります。打つ場所と配膳場所が同じなので込み合っている時には追い打ちする場所がないということです。

 変な蕎麦屋と思われるかも知れませんが、結果として結局、お断りをしなければならなくなってしまうのです。

 調理場を使いやすい様に改築すればよいのですが、妻に「いつまで続けるつもり」と云われてそれも出来ずにいます。

 私もそろそろ引退を視野に入れる年頃ですので、妻の云うことを聞いておとなしく引き下がっております。

 お客様にお会いできる楽しみがありますが、今日にようになってしまうと申し訳なく、御許しを戴くほかありません。

| | コメント (0)

大輪の百日草とグラジオラス

 妻が楽しみに育てている大輪の百日草が咲き出しました。朝日にあたっている姿は美しいです。
70501


70502


70503


| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »