« 久し振りに絵画の本を読む 「印象派と琳派がわかれば絵画が分かる」 | トップページ | パティスリ- ましぇり  美味しいケ-キ屋さん »

「印象派と琳派がわかれば絵画が分かる」読んで

 「東京の絵画散歩」が正式名である。日本画については、P138から「東京国立博物館 本館」に収集されている国宝から紹介されている。

 そう云えば、2008年10月、東京国立博物館平成館で開催された大琳派展を見た時の記憶を思い起こしていた。
 
 この展覧会は、尾形光琳の生誕350年を記念しての展覧会であったように記憶しております。

 本阿弥光悦から始まって、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山、酒井抱一、鈴木基とそうそうたるメンバーが一堂に会した展覧会でした。

 まず、 東京国立博物館本館の歴史的背景が説明されております。1872年(明治5年)に創設、日本最古の博物館という事です。
 現在では、本館、東洋館、表慶館、平成館、法隆寺宝物館の五つから成り立っていると記述されています。

 さて、日本画についての最初の記述は、「永徳と等伯」である。琳派の直接の話ではありません。この二人が東博の絵画部門の最高と案内があります。

 永徳と等伯の関係をネットで調べてみると「長谷川等伯は、桃山時代に狩野永徳率いる狩野派と対抗し、自ら「雪舟五代」を名乗り長谷川派の長として活躍した画家です・・・出典は石川県七尾美術館」とあります。

 次に、紹介されているのが、尾形光琳と酒井抱一の二人です、

 

 


 

|

« 久し振りに絵画の本を読む 「印象派と琳派がわかれば絵画が分かる」 | トップページ | パティスリ- ましぇり  美味しいケ-キ屋さん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久し振りに絵画の本を読む 「印象派と琳派がわかれば絵画が分かる」 | トップページ | パティスリ- ましぇり  美味しいケ-キ屋さん »