« 沖縄への旅 2 | トップページ | 沖縄への旅 4 »

沖縄への旅 3

 勝連城は、13世紀に築城された。

 15世紀、10代の城主、阿麻和利(あまわり)の治世が最盛期。地の利を活かした中継貿易で経済力と軍事力を持ち、首里王府とは別の道を歩もうとするが.、琉球王国に滅ぼされて思いはかなわなかった。

 現在の城跡もなかなかの威容を誇っている。Katuren04

 城壁の石垣はサンゴ礁の働きで形成された琉球石灰岩で出来ている。

 
Katuren05

 城の頂上は、標高約98メートルで、南は知念半島から北は山原(やんばる)までを見渡すことができる。勝連城からの眺めはとても美しい。

 写真は、頂上より、海中道路方面を望む。

 Katuren06


|

« 沖縄への旅 2 | トップページ | 沖縄への旅 4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 沖縄への旅 2 | トップページ | 沖縄への旅 4 »