そば屋さん紹介

禅味蕎麦 宮本

 ちょっと迷って、宮本に着いた。

たて屋左に入り口がある。暖簾をくぐると、歩いてきて少し汗ばんだ体に、ひんやりとした空気が気持ち良く感じる。

 入ってすぐ土間になっている。昔の民家を思わして、懐かしい雰囲気を醸し出している。入って直ぐに、女将さんに「どうぞこちらへ。」との案内に従って、左手奥の間に通される。

 こちらの部屋も、太い曲がった梁などで天井が支えられており、古民家の作りに感心させられる。

 量が少ないと聞いていたので、失礼かとは思ったが「お蕎麦の量は?。」と尋ねる。女将さん曰く。「三枚くらいは、すっと。」

 まずは、せいろを一枚と汁なしで追加を一枚をお願いした。量は確かに少ないが、盛られた蕎麦は細く瑞々しく美しい。

 池の端藪で修行した兄弟弟子の竹やぶ阿部氏の言葉を思い出した。「盛り付けは、三箸半。」箸でつまんで、三回半で食べる。そばがおやつの時代の話かと思っていたが、ここ宮本ではこの流儀に従っていた。

 蕎麦二枚をあっという間に、平らげて、今度は、手挽きの田舎を頼んだ。この日はそれほど込んでいなかったので、直ぐにそばが出てきた。

 笊に、すっと盛られた姿がなんともいえない。せいろと同じく細打ちで、玄から丁寧に挽いたのであろうそば殻が浮かぶ見事な蕎麦である。

 これほどの蕎麦を見たことが無い。太野祺郎著「蕎麦の薀蓄」に蕎麦の禅味、俳味の話が載っていたが、まさしくこれだ。

 料理は舌で味わうだけでなく、盛り付けや色そして器など、見ても味わう。この建物の醸す雰囲気にひったりのそばであった。

 そばとは単純なのもである。そば粉に加水をし、練って、板状になったものを切る。この単純な蕎麦に、これほどまでの思いが込められているとは。

 頭が下がった。

 もう一つの驚きは、そばつゆである。江戸前の辛口。これが藪系の汁。浅草 並木にしても上野藪、池の端いずれも、辛口である。

 宮本の汁はこのいずれとも違う。もちろん、鰹節出汁の臭さや醤油臭さは微塵も無い。

 この汁に、田舎をほんのちょっとつけて、手繰るとなんともいえないものだ。私なども、そばの香りを気にする一人であるが、この蕎麦を食べるとそんな意識はどこかに行ってしまう。それほど完成度が高い。

 蕎麦湯を注いで飲むとよくわかる。宮本の蕎麦湯は澄んでいる。最近は、どろっとした蕎麦湯が好まれるようだが、これでは、本当の汁のよしあしはわからない。

 蕎麦を茹で上げた湯をそのまま用いるのが宮本のやり方であった。

 宮本は店内撮影が禁止であったのが、支払いをするときに判った。「蕎麦の写真を撮ってしまいました。」というと、「今度だけということで。」とにこっと笑った女将さんに、頭を下げて帰途についた。

 このブログを書きながら、もう一度尋ねていこう。できれは、一度宮本氏の蕎麦に関する思いなどを聞きたいと思う。

| | コメント (6)

藪蕎麦 宮本 そのⅡ

 大井川を見ながら谷口橋を渡る。更に行くと東海道新幹線の下をくぐる。

六合駅から、4キロ付近に差し掛かって、運連士さんが「次で降りて歩いていてください。」という。

 「この方向で大丈夫だろうか。」とちっと不安になりながら、歩く。見渡せば、住宅街の中に、まだ田んぼが点在するところであった。Miya01

 道に迷ったので、付近お方に聞いて、やっと到達。ここが 藪蕎麦 宮本。
街道筋の車がひっきりなしに通るところであった。
 後でYUKAさんのブログで知ったのだが、車で行く方にはわかり易いという。東名高速吉田ICで降りて、34号を北上するらしい。

 本当に、車が無いと不便だ。

 続く・・・

| | コメント (0)

藪蕎麦 宮本

 静岡には何度も行っているのに、なかなか行く機会がなかった 藪蕎麦 宮本 に

やっと行くことができた。

 dancyu 2007年8月号 日本一うまい店集めました に蕎麦の部として「藪蕎麦 宮本」が、紹介されていた。

 特にこの雑誌を読んでからは、どうしても行ってみたいそば屋の一軒になっていた。

 このそば屋は島田市舟木にある。地図帳で調べると、東海道本線の六合駅で下車して

バスで行くと分かりやすいと判断した。

 「車が使えないのが残念だなー」などと考えながら、静岡駅より、島田行きの列車に乗り込む。

 約25分で着いた。東海道本線に乗ったのは、何十年かぶりのこと。「こんな駅もあったのかー」と思いつつステップを降りる。駅前は、大きな建物らしいものはないローカル色豊かなところであった。

 「初倉中学に行くバスはありますか。」と、通りがかりの方に尋ねると「あることはありますが、1時間に1本くらいですよ。」と教えてくれた。

 うまくバスが来てほしいとの願いがかなったのか、バスを待つまでも無く直ぐに来た。
 本当にラッキーであった。Miya05

 乗って直ぐに運転手さんに初倉中学の行き先を聞くと「方向がしこし違いますので、500メートルほど歩くかもしれません。」と教えてくれた。

 大井川に架かる谷口橋を渡っていくと。

 続く・・・・

 

  

| | コメント (2)

地元情報誌 のんのさん

 6月の上旬に、地元の地域密着型情報誌の取材されたことをアップいたしましたが、

今月号に掲載されておりました。Gyou

 ちょっと元気が無くなっている日立市ですが、嘗ての元気を取り戻してほしいと、応援メッセージをこめて、日立高速印刷(株)が3年前に企画して、発行いたしました。

 隔月の発行で、今回で22回の発行です。

 PR費用などは、多く掛けられないという私共のような家族経営のちっちゃな店には
大きな味方になります。

 次は、9月の発行予定ですが、情報誌の大きさが現在のA4より、一回り小さくA5に
なり、持ち運び易くなるそうです。

 飲食店の情報ばかりでなく、イベント情報や車や美容関係の情報と多彩です。
 
 のんのさん 今後も元気に発行続けてほしい。
 さらなる飛躍を祈っております。

 無料の情報誌なので、店頭で見かけたときには、ぜひ持ち帰ってください。
Non
 

 

| | コメント (5)

しかの庵

 久し振りに、日立市入四間町のしかの庵にお邪魔した。
 
 日立市内から36号を西に向かって入四間を通り抜ける所,バス停深荻橋のすぐ側にある。幟が立っているので、これを目印に。Sika04
 店のすぐ脇に清流がサラサラと流れて、脇にうっすらと雪化粧、風情を感じさせる場所である。
 店内の柱は銘木が使われていたり、床はヒノキの無垢材で仕上げられている。
 
 「久し振りです。」と挨拶すると、「本当ですね。」とご主人がニコニコと挨拶を返してくれた。Sika02

 5年前に、日立市の情報化推進計画に携わっていたころ、しかの庵を紹介したことがあるので、覚えていてくれたのであろう。

 当時より、蕎麦が見た目滑らかになっているようだ。
 「そば粉を変えましたか。」と尋ねましたが、「以前と変わりません。」という答えでした。Sika03

 ケンチンせいろをお願いした。「お蕎麦屋を始めたんですって。」と尋ねられ、「ええ 週末の昼だけですから、趣味みたいなものですよ。」とわたし。

 けんちんのつけ汁は、程よい加減で、野菜の甘みと出汁がよく利いており美味しいものでした。
 蕎麦も腰強く、喉越しよく風味もあって、美味しいそばでした。Sika01

| | コメント (0)

山形 萬盛庵 鈴木製粉所 蝋燭庵へ

 出羽桜酒造を後にして、旧13号線を山形市へと向かう。いずれも初めての道なので
ナビを頼りの運転であった。

 目指すところは「もっとそば屋で憩う 杉浦日向子著」でベスト5に入ると紹介されている「萬盛庵」である。
 地図で確認して、市内に向かったが、一方通行が多い。工事中の事もあり、行ってみて初めて分かるものである。
 元々分かりずらいところにあるが、付近が工事中の事もあり、Manseian01 見つけるのに苦労した。

 今の蕎麦屋では、珍しくい縄のれんで迎えてくれた。店内も雰囲気のある佇まいであった。
 杉浦氏がここを訪れた年が1991年秋と本に記されている。山形は板蕎麦というイメージがあったので、ここの蕎麦にはびっくりしたようだ。そばは品のよい細切り、Manseian02 そば汁も江戸前と本枯節の返しを使ったものは山形にはないと思っていたのであろう。
 この落差が杉浦氏にカルチャーショックとして襲ったのだ。今の山形なら、どうであろうか。ここの蕎麦会は400回を超えたという。


 次に予定したところは、関沢の鈴木製粉所と蝋燭庵である。萬盛庵を出て、13号線から、286号線に入ろうと、天童方面にハンドルを切った。これが間違い、道に迷ってしまった。
 改めて、13号線に戻り、山形県庁前を通り、286号笹谷街道に出る。ここからは一本道である。
 しばらく走ると平成11年にオープンしたという石臼館 鈴木製粉所に到着する。なかなか立派な構えである。Suzukisei
 中に入ると、大きな石臼が何台も並んで、そば粉を挽いている。
石臼が何台あるかを聞き忘れるほど、壮観であった。
 「いらっしゃいませ」と出迎えてくれた方がここのお嬢さんの
鈴木けい子さん。山形の蕎麦のことをいろいろ教えてくれた。
 萬盛庵に行ってきたことを云うと萬盛庵のご主人と父とよく寒晒し蕎麦の研究をしてましたよ、とのこと。残念ながら、お父さんは亡くなられたと言うがその研究は、今も受け継がれている。
 鈴木彦市氏の山形の蕎麦に関するイッセイがあるのでご紹介する。

 また、これから行く蝋燭庵にも、そば粉を使って頂いておりますとのこと。山形近辺の蕎麦屋さんにはこのことからも影響を与えていることが窺える。

 鈴木製粉所で購入したそば粉は「出羽かおり」、帰って打ってみたのであるが、今の時期には珍しくそばの香りが立つ美味しい蕎麦であったことを記しておこう。

 蝋燭庵は、ここから300メートルと近い所にあった。渓流の上に突き出た建物は、町の蕎麦屋とは趣がまったく違う。Akarian01
 その空間は清々とした風が吹き抜け、夏の暑さを忘れさせてしまうようだ。

 妻は蕎麦と麦きりの二品盛り、私はもりそば、細めの蕎麦で香りもよく美味しい蕎麦であった。蕎麦汁も癖がない。
 蕎麦の写真をとるのを忘れたので、ここのHPをご覧あれ。
Akarian02
 
 

 
  

| | コメント (0)

山形 勝太郎そば

 あらきそばを後にして、娘の大親友の東根市N恵さん宅に向かう途中に、ネットで検索して気になっていた蕎麦屋があった。
 そのことを話をすると、「あ! そのお蕎麦屋さん 多分市役所の近くよ。」という。
 おなかも一杯だし、ここまで来たのだから、その前までだけでも行くか。と心に思いながら運転をしていた。
 東根温泉を通り、しばらくすると、蕎麦屋ののぼりが見えてきた。市役所の近くに位置するようだ。

 のぼりにも十割そば、店の暖簾も十割そばの表示。
 店の正面、左がそばを打つ個室。店内はそれ程広くはないが、まだ新しく一見清潔感のある店である。Katu01_3

 建屋を見たので、帰りましょうというと「ここまで来たのだから、食べていったら」と促されて、店に入った。

 まだ、あらきそばのごっつい存在感が胃の中に、まだある。食べられるかなーと考えながら。妻はもう食べられないというので、車に居るというのを、強引に店の中に誘う。
 
  「ここ美味しい聞いて、来ました。」顔を出したご亭主が「美味しくないから、帰ったら」という。追い討ちをかけるように「うちは美味しくないよ」とさらに言う。
 余分なことを言わずに、注文すればよかったのに。今考えると、旅先のせいか、私自身、少し浮かれていたようだ。

 よく店を見渡すと、ご亭主1人で切り盛りしているようだ。我々が入ったと時に、食べ終わったお客さんがそとに出た。
 カウンターの前は食べ終わったお膳が並ぶ。1人で切り盛りは大変だろうとと思うと同時に、同業者として、何か方法がないものであろうかと心配してしまう。

 なかなか、頑固なご亭主の様子。「申し訳ないが、もり二人前」。余り気の進まない様子であったが、黙って作ってくれた。

 店の中にはきになるこんな能書きが掛かっていた。

 「100%そば粉と水だけを使ってそばを長くつなげるのは不可能と言われています。お湯や塩水を使えばつなげることが出来るかもしれません。私は真水だけを使い長くつなげることが出来ました。誰にも負けない県内どこでも食べることが出来ないと自負する本物のそばを是非ご賞味下さい。店主」

 頑固な主人がそば粉と名水と打ち方にこだわった十割そば。Katu02 そばが出てきた。そば街道のそばとは違い、細打ちの腰の強い、少し黒味が刈ったそばであった。能書きに書いてあるようにそばは香りもあり、旨味もある美味しいそばである。そば汁もすっきりとした辛汁でそばによく絡む。
 これだけのそばを食べさせるのなら、能書きは不要ではないか。そばが好きであればこの美味しさは判るはずなのだが。

 食べ終わって、改めて「美味しいかったですよ。」というと、にこっと笑って「有難うございます。一人でやっているものですから、迷惑掛けちゃって」との答えが返って来た。

 田舎そばが好きな方には勝太郎そば1000円をおすすめします。
とのこと。
 山形に行く機会があれば、もう一度行ってみたい蕎麦屋でした。Katu03
 一押しメニューは板そば1200円だそうです。

  住所 東根市大字東根甲5894 電話番号:0237-43-6920

| | コメント (2)

山形 あらきそば

 到着したのが11時40分、駐車場には、もう数台の車が止まっていた。さすがに人気店である。
 店は今の時代にはめずらしい茅葺。お客様は、先ず、この家の雰囲気ではるばる来た甲斐があったということになる。Araki04

 聞くと築180年から200年というが、家の作りは、北関東でも昔はよく見かけた作りである。玄関を入ると直ぐに土間、正面に囲炉裏を配した居間があったようだ(現在は厨房と打ち場に改築されている)。
 右側が14畳くらいか、奥ふたま続きは6畳、6畳か。正確には覚えていないが、そばを食べる処は30畳位であろう。

 12時前というのに、約半分は埋まっていた。 

  周りを見ると、私達のような観光客もいるし、地元も方もいる。

花番さん(地元のおばさん方)がメニューを持ってきてくれた。 うす盛りとニシンの煮物をお願いする。
 配膳されたそばを見ると杉のお盆(メジャーで計ったわけではないが24×50cmくらい)に、太いそばがのっている。Araki01
 メニューにうす盛りと書いてあるが寄せてみると普通のそばの二倍はありそう。
 薬味はネギだけ。お店独特の漬物らしきものがついてくる。
 

続きを読む "山形 あらきそば"

| | コメント (0)

山形 東根市

 山形には仙台宮城ICより入った。広瀬側沿いに国道48号線を西に向かう。
高速から下りて直ぐの運転は速度感覚が狂う。注意して運転しなければ。
 トラックなどが多く結構混んでいる道路であった。

 作並温泉を過ぎてもまだ仙台市青葉区である。結構仙台も西に広い街なのだと実感した次第。

 奥羽山脈を貫く関山トンネルを通過して、しばらくすると東根市の町外れに出た。

 「この辺らしい」と妻が言った。48号線に入って1時間が過ぎていた。

 ケイタイで連絡をとる。「もしもし」 「ア! おじさん 次の信号のところよ」と親友の声。

 ほっとする。少し行くと赤ちゃんを抱いた懐かしい顔があった。
 娘の一年忌にはご両親とご主人と来てくれた時、以来、2年半ぶりの再会である。

 以前の赤ちゃん赤ちゃんした写真の顔とは違い、少し面長になっていて、目もくるっとしていて、とても可愛い。
 妻が「来るッ!」と手を差し伸べるとニコニコと来る動作をする。ご一家にご挨拶を済ませた頃が11時過ぎ。

 こちらに来た目的の一つが山形の蕎麦を試食することである。まずは、有名な蕎麦街道のあらきそばへの道案内をお願いした。

 48号線を西に方面に、国道13号線にぶつかった所を右に折れる。村上市に向かう。
県道25号沿い、村上市役所、最上川を渡り、294号線を少し行くと大久保に出る。

 山形そば街道の十四番店カヤ葺きの屋根のあらきそばである。
 
 

 

| | コメント (0)

笊蕎麦 つど野 Ⅱ

 ご主人に会いたいという私を見て、息子がまた始まったかという目で見ている。
 息子の方が私より気遣いができる人間である。今回も仕事中の主人を引っ張り出すのはやめたらとその目が訴える。
 しかし、私はこの美味しい蕎麦の秘密を少しでも知りたいとの気持ちの方が先走る。

 「ちょっとお待ちください。」と花番さん。

 間もなくして、ご主人が現れる。Tudono03

 「忙しいのに申し訳ないですね。ちっとお話を聞かせてください。」と私。
 
 
  

続きを読む "笊蕎麦 つど野 Ⅱ"

| | コメント (2)